トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

胡麻

Goma 「こわっ!」と「ごめん!」が混ざったらしい。

この後笑いすぎて怒りを忘れた。

ま、そもそも言うのも恥ずかしいくらいしょうもないことが原因だけど。

| | コメント (0)

2006年2月27日 (月)

闘いの時

昨日の日記は、まあそういうことに気付いたので書き留めておこうか、絵のイメージも浮かんだことだしと思って書いたまでのことで、今私は元気ですので御心配なく。

さて唐突に話は変わり、しかも汚い話で申し訳ないが、私の便通はなかなかやっかいである。決まったリズムがあり(普段は朝食後)これを逃がすともう便意は訪れない。リズム通りにお手洗いに行っても満足のいく結果が得られないこともある。

相方がいる時は「頑張ってくる」と宣言し、「頑張ってこい」と励まされてお手洗いへ。そして結果も報告する。「勝った」「負けた」「八割がた勝った」等である。

この結果報告から、最近は「頑張ってこい」から「闘ってこい」と声をかけられるようになった。

Tatakae ←これは、ゆでたまご著(「キン肉マン」の作者)「闘将!!拉麺男(たたかえ!!ラーメンマン)」という漫画より。分かったあなたは同世代。

同世代でも知らない人も多いと思うが。(とくに女子)

| | コメント (2)

2006年2月26日 (日)

前向きになるリスト

List 自分を責めすぎてつらくなった時。

いつもは救いとなる家族や友人にも頼れず、逃げ場がなくて、どうしても自分の力で前に進まなくちゃいけない時。

そういうときは「外の空気」と「本」が私を救ってくれる。

自然と前向きにさせてくれる。

今日はいただきもののチケットで、『自衛隊の吹奏楽団のコンサート』なるものを聴きに行ってきた。

そうだ、音楽も、この「前向きにさせてくれるリスト」に入れなくちゃ。

| | コメント (2)

2006年2月25日 (土)

君と散歩

Takeawalk たまにはこんな絵を描きたくなった。

高一のとき、美術教師をしているいとこからペン軸とペン先のセットをプレゼントしてもらった。

うれしくて、原稿用紙やインク、スクリーントーンをどきどきしながら自分で買って、初めてペンで描いたのがこんなシチュエーションの絵だった。

本来大きな動物をコンパクトサイズにしたモチーフが好き。

| | コメント (4)

2006年2月24日 (金)

推薦の男

先日「トリビアの泉」を見ていたら、「数学を受験した人は受験しなかった人より平均年収が100万円多い」というトリビアが放送された。

まあ、同じ学部で考えると数学が受験科目にあるということはそれだけである程度いい大学なのであって、いい大学出身となるといい企業(=年収が高い)に就職する率も高いと考えられるのでそこまで大げさに言うことではないのでは、という感想。

相方:「おれ、(理系の学部だけど)数学受験してないわ。推薦だったもん。」

そうか、相方は推薦で進んできた男。大学も推薦(我々の世代は推薦はそう多くなかった)、就職も推薦、結婚のきっかけも推薦と言えないこともない。

Q:「うわっ、あたし数学受験したのに、今は年収ゼロやん!」

相方:「いえ~い、勝った!」

なんか無性に悔しいわ。Suisen

| | コメント (3)

2006年2月23日 (木)

丸モデル

着やせに命をかけている。

というのは大げさだが、痩せては見えなくてもせめてぶざまに見えないように洋服には苦労している。背も低いので、ただサイズが大きいだけでは解決しないのだ。

それにしても最近の服はスレンダーさん向けのものが多い気がする。ジーパンなど、私の片足くらいのウエストのものが並んでいる。

ファッション誌のモデルも、街行く人も、あの着こなしかわいいなあと思っても皆細くてとても参考にならない。

というわけで最近私のファッションリーダーは、森三中の村上と、アジアン(漫才師)の馬場園だ。お手本というよりは「あれを着たらこういうシルエットになるのか」と参考になる。

丸い人専用ファッション雑誌を作ってくれないかなあ。なんだったらモデルするからさ。Otehon

| | コメント (0)

2006年2月22日 (水)

髪切った?

Tamosanかなり赤茶けていた髪を落ち着いた色にして、痛んだところをカットしてもらった。

帰宅した相方に、「あれ、髪の色が黒い?髪も切った?」と聞かれたが、直後に「あっ、ここはまず『おっ、髪切った?』と聞いたほうがおいしかったのに!絶好のチャンスだったのに!」とくやしがっていた。ちなみに「髪切った?」とはご存知タモリさんの有名なセリフ。

ところで私はよく「散髪に行く」と言っては笑われたものだが、女子はあまり散髪とは言わないのだろうか。

| | コメント (0)

2006年2月21日 (火)

生まれたての…

トリノオリンピックも後半。今夜いよいよ女子フィギュアが行われるらしい。

私は今まで二回しかアイススケートの経験がない。

そのうち一回は、職場の方に割引チケットをいただいたので友人と滑りに行った。しかしまともに立つこともままならぬ状態で終わってしまった。

翌日職場でその話になり、

「全然立てなくて、プルプルしてもう、生まれたての子鹿みたいでしたよ。」

と言ったとたん、チケットをくれた方からつっこみが。

「子鹿?そんなかわいいものなの?

「えっ?じゃ、じゃあ、子牛で。」

まさかそこをダメ出しされるとは。

他に何が適しただろうか。子象?子豚?(←これかな…でもプルプルするのかな)Kojika

| | コメント (0)

2006年2月20日 (月)

文章力も欲しい

先日見た映画「ミュンヘン」は、中東問題をある程度理解していないと難しい映画だった。あまりにも無知な私達はなかなか物語についていけず、帰ってから私がインターネットで調べて、相方に見せるために簡単に紙にまとめておいた。

が、後からよくよく見てみるといくら夜眠いときに書いたとはいえ、あまりにも幼稚なまとめ方でがっくりした。知識よりもまず、語彙が欲しい。Goi

| | コメント (0)

2006年2月19日 (日)

漢字は一緒だが

昨日の会話。

相方:「俺って陰か陽かでいえば、陰やからなあ。」

Q:「あ、あたしも!」

相方:「それは違う、あんたはヨウや。漢字違うけど。」

Q:「おっ、『妖艶』の『妖』とか?」

相方:「というか、『妖怪』の『妖』…」

・・・え?Youkai

| | コメント (2)

2006年2月18日 (土)

相方念願の…

相方が希望していたミキサーを安く購入することができ、早速念願のバナナジュースを作ってみた。

適当に、バナナ一本に牛乳200ml、氷を2,3個入れてミキサーにかけてみた。

お、おいしい…

相方は、「えっ、じゃあ、バナナ一房(五本)と牛乳一本で五回も楽しめるの?きゃー!」と乙女になってはしゃいでいた。

私もはまりそうだ。

追記:昨日1000HITしました。ありがとうございます!Banana

| | コメント (2)

2006年2月17日 (金)

泣きっ面に蜂

昨日は、相方にとって踏んだり蹴ったりの一日であった。

詳しいことは書けないが、一言で言うならば、

Kareha←こちら。

まさに「泣きっ面に蜂」状態だった 。

泣きっ面に蜂といえば…

2/3の日記にも登場したかつての隣人Kちゃんの事件を思い出した。

ある日持ち帰った仕事をPCで進めていたKちゃん。真夜中に、かなり進んだところでPCがフリーズ!がっくりきたKちゃんは、「ああ~…」と後ろのベッドに倒れこんだ。(ここまでが「泣きっ面」)

その時…!何と布団にまぎれこんでいたアシナガバチに刺されてしまったという。

その後Kちゃんは私と反対隣の部屋に住む友人bunさん(宵っ張りなので起きていると考えられたのか)に助けを求めたらしい。そう、我々三人は同じアパートで3部屋並びで住んでいたのだ。

しかし…「泣きっ面に蜂」とは言うが、本当に泣きっ面に蜂に刺された人を初めて見た。

| | コメント (3)

2006年2月16日 (木)

失礼致しました

昨晩ひょんなことからお通じの話になり、なぜか熱く語り続けてしまった。

ふと気が付くと相方がとても悲しそうな顔をしていた。

忘れていた。彼はまだ食事中だった。しかもよりによってカレー

本当に申し訳なかったと思っている。Curry

| | コメント (1)

2006年2月15日 (水)

ダブルまじまじチョコ

「バレンタインの本命チョコには3種類ある」…というのはあるマンガ(by伊藤理佐)でのお話。

①「マジチョコ」:いわゆる本命チョコ。告白時や恋人にあげる、気持ちのこもったチョコ。

②「マジギリチョコ」:バレンタインが行事化してしまった夫婦間などにある、適度に高級で適当に渡されるチョコ。本命なのに義理…という悲しいチョコ。

③「マジマジチョコ」:たとえバレンタインが行事化しても、自分も食べるつもりで真剣に選んだチョコ。「まじまじ」見て選ぶところからもきている。

昨日のバレンタイン、うちでは③。しかもふたりで真剣に選んだから「ダブルまじまじ」。

相方は、おいしいものを食べてる時は目をつむって乙女顔。Choco

| | コメント (3)

2006年2月14日 (火)

入浴後にいいよ。

お肌が乾燥するこの季節、カット綿で化粧水パックをしている。カット綿に水を浸して軽くしぼり、化粧水をしみこませて薄く剥いで顔に貼って三分。結構プルプルになる。

ただカット綿が顔縦半分全体を覆うくらい大きくて、いちいち目の穴を開けるのが面倒なので、三分間目が見えず音を聞いてはキョロキョロしている。

その姿が怖いらしく、 「スケキヨ」(「犬神家の一族」より)に似ていることから「スケキヨパック」と命名。

我が家では「これからスケキヨするわ~」で会話が通じる。Sukekiyo

| | コメント (2)

2006年2月13日 (月)

怒涛のセール

今日から始まる閉店売りつくしセールに参戦するため、朝から往復一時間以上かけて某家電店に行ってきた。自転車で。

まだ一人では運転できない『リハビリ中ペーパードライバー(10年もの)』なので…。でも、自転車で行って正解。恐ろしいほどの車と人で、駐車するために渋滞してる始末。平日なのに、どこから人が?というぐらい。なんとか大行列のレジに並び、狙っていた3品のうち2品を購入。残念なことに相方が希望していたミキサーは売り切れていた。

つらかったのは行きも帰りもどうしても通らなければならない道で、工事中のため一方通行だったこと。Chari

自転車の私が通り過ぎるまで対向車線で待っている車の列がのびていて、申し訳ないやら恥ずかしいやら。すれ違いながら心の中であやまり続けた。

| | コメント (3)

2006年2月12日 (日)

ゆずこしょう

Yuzukosyoこの冬、ゆずこしょうにはまっている私。

数年前から居酒屋でその存在は知っていたけれど、家で使い始めたのは最近になってから。チューブのものが出たので手に入りやすくなったのが大きい。

お気に入りの食べ方は刺身につけること。わさびは私には刺激が強すぎるので、ゆず風味がちょうどいい。唐辛子だからぽかぽかしてくるし。

| | コメント (3)

2006年2月11日 (土)

一応市民です。

遠くから 目的地見える 田舎さよ (字余り)

Saty

昨日は相方が平日休みだったので、この目的地にて映画「ミュンヘン」を鑑賞。

重くて、悲しい。それにつきる映画だった。

| | コメント (2)

2006年2月10日 (金)

毛づくろい?

お疲れの相方の肩に湿布を貼る朝、の図。Shippu

いよいよサルの毛づくろいっぽくなってきた。

相方の「おおきに」が結構好きだ。

| | コメント (0)

2006年2月 9日 (木)

靴下祭り

Kutsushita毎日洗濯してるのに、相方の靴下が6対(12足)も出てきた。なぜに?

と、先日まとめて買った新しい靴下であることに気付くまで時間がかかった(相方は買った服は洗ってからでないと着ない)。

相方はきれい好きで、毎日仕事が終わると靴下を履き替え、仕事靴の中敷を取り替える。よって普段から相方の足関係の洗濯物は3対(仕事用靴下+家用靴下+中敷)あるのである。

まとめて干して、ちょっとした靴下祭り。

| | コメント (4)

2006年2月 8日 (水)

そんな日

 掃除と片付けが嫌いで仕方がない。四角い部屋を丸く、どころか真ん中だけ掃くタイプ。しかも掃き方が分からずそれもサボるタイプ。

しばらく足の踏み場も無くなっていた居間が、風呂上がりに見たらすっきり片付いていて、怒られた。

人間として間違ってるのも分かるんだけど、できないの。消えたい…と思った日。Gottya

| | コメント (3)

2006年2月 7日 (火)

悲しき天然

 平日に頑張って運動(ステッパーや水泳)し、食事を控えめにして体重を落としても、休日に食べすぎたり飲みすぎたりでリバウンドする(お酒は休日だけ飲んでいる)。それを繰り返しているうちに、それはそれはびっくりする体重になってしまった。

私:「これからしばらく禁酒するよ…」

相方:「それもそうやけど、週末に外食が多いのがいかんのやろ。これから外食はやめて週末も家で食べることにしよう。」

(えっ…週末の外食が楽しみだったのに…作らなくていいし←これが大きい…でもでも、そうだよね、と決死の覚悟で)

私:「うん、わかった…」

…そしてその後地元のグルメ本を読んでた相方が、下の絵のようなことをおっしゃった。

ちょ、ちょっと!!さっき自分が言ったセリフを思い出せ!

ええ、彼、天然なんです…(「悪気はないんよ」が口ぐせ)しかし今回はちょっと痛かったよ。絵のセリフのまんま言い返して発散したけど。Wazatoka

| | コメント (6)

2006年2月 6日 (月)

ショック

結婚するまで知らなかった事実。

私はいびきをかくらしい。

しかもかなり男前な。

今までいくつもの夜を共にしてきた友人達は黙ってくれてたのかな。ありがとう、そしてごめんよ。

相方はまあ、我慢してくれIbikiとしか…すいません。

| | コメント (3)

2006年2月 5日 (日)

雪・野菜

 うちから車で10分足らずのところに、相方の祖母の家がある(ちなみに相方の実家もその近所)。おばあさんはいつも家の前にある畑で作った野菜をくれるのだ。

「いつでも取りに来たらいいよ」というおばあさんの言葉に甘え、今日も今日とて「野菜もらいに行こうか」と相方の提案でアポなしでおばあさんの家へ行くことに。

 …って、外に出たら雪が積もってるんだけど

 しかも着いてから一緒に野菜をとっていると吹雪いてきた

「ごめんなさいね、こんな日に来てしまって。」と私。

「アハハ、ほんまよ!」と言いつつも「だんない、だんない(構わない、構わない)。」と繰り返し、リクエストしたもの以外の野菜もいっぱいくれたおばあさん。

本当にありがとうございました。いただいた野菜でおいしい鍋をしたよ。Hatake

| | コメント (2)

2006年2月 4日 (土)

左右

相方は、しょっちゅう右と左を間違える。

…なんでかな?

ちなみに相方は極度の方向音痴なんだが、関係あるのだろうか。Sayuu_1

| | コメント (5)

2006年2月 3日 (金)

恵方巻きの思い出

 今日は節分。「豆まき」の他に最近全国区となってきた風習といえば、「恵方巻き」。

 独身時代のある節分の日のこと。アパートの隣の部屋に住んでいた友人Kちゃんが、職場で恵方巻きをもらってきた。

 「一緒に食べよう」と誘われ彼女の部屋で食べることにしたが、彼女も私も恵方巻きの習慣が無い土地出身で詳しい食べ方が分からない。特に調べることもせず「大体こんな感じじゃないの?」とそれらしき方向を向いて、輪切りにした巻き寿司をきゃっきゃ言いながら食べたのだった。

 後ほど知った正しい恵方巻きの食べ方。

1.節分の夜に恵方を向く

2.願い事を念じつつ無言で食べる

3.切らずに丸かぶりする

 思いっきり2と3は間違ってたじゃないか。後日二人で大笑い。

さて関西圏に嫁に来た私。 今晩はうちでも恵方巻き(もちろん買います)。夕飯の準備が楽でいEhoumakiいなあ。

| | コメント (3)

2006年2月 2日 (木)

ブログ始めました。

思い立ってブログを始めることにしました。かなりの見切り発車なのであたふたしています。

相方(夫)との暮らしの中で気付いたことなどを、できれば絵付きでマイペースに綴っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。Hajime

| | コメント (7) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年3月 »