« 手掌多汗症 | トップページ | 古典的ショックシーン »

2006年3月12日 (日)

日記っぽい日記

昨日はとてもいい天気だったので、健康とダイエットを兼ねて彦根城まで行って散歩することにした。

お城にたどり着くまでの石段だけでも結構いい運動になった。お城(天守閣)の中は、びっくりするほど急傾斜の階段続きで、むしろはしごに近いぐらい。バリアフリーとはかけ離れてるけど、下手にエレベーターなんかにするよりは余程いい。

天守閣出口でタイトミニスカートにミュールの女性とすれ違い、階段登れるのかねえと心配しつつ散歩の続き。

と、敷地の一角で映画の撮影をしているのを発見。近くまで行って見学する。近くとはいえ立ち入り禁止にしているエリアが広くて、人の顔も確認できない距離。

ちょっとのシーンでもリハーサルを繰り返していた。映画にはものすごく多くの人が関わっていて、ものすごく多くの時間をかけるんだなあということが分かった。

最後の方は撮影ではなく、お堀で泳いでいる黒い白鳥(黒鳥?)に首ったけだった。

その後買い物して帰り、たらふく食べてたらふく飲んだ。久しぶりにかなり酔っ払った。あまりにもつまみを食べ過ぎたのでウォーキングが台無し。Hikonejo

|

« 手掌多汗症 | トップページ | 古典的ショックシーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手掌多汗症 | トップページ | 古典的ショックシーン »