« 十二支・丑 | トップページ | 日本の夏気分 »

2006年7月 2日 (日)

焼肉屋失恋

Shitsuren 昨日は二人で電車に揺られて相方おすすめの焼肉屋へ。私は初めてのお店。

ところが、一番のおすすめであったハラミをはじめ、肉の味が違ったばかりか、オーダーが通らない(これは店員の責任)、ビビンバに味がない(これは前からだったらしいが)、塩で頼んだ肉に塩味がついていない、などハプニング続出で、数ヶ月前に相方が来た時とお店が変わってしまったらしい。

何だか欲求不満のまま店を出た私たちはお口直しにと、なんと近くの王将に行くことにした。お口直しに餃子って…王将の店員も、まさか焼肉後に来た客とは思うまい。それにしても焼肉の後だというのに、食べた餃子のおいしかったこと!見事お口直し作戦は成功し、とりあえずはよしとして帰路についたのだった。

しかし、相方はずっとショックを隠せない様子。
「こんなんじゃなかったのに」「こんなに変ってしまうなんてショックだ」「もうこれからは二度と来ない!」などとずっと言ってた。

なんだか、信じていた恋人に裏切られた女性のようだった。

傷心のままヤケ酒(?)をあおった相方は、腹を下したまま今日は日曜出勤だ(午前中だけだけど)。ご苦労様です…昼食はあっさりと、そうめんにするよ。

|

« 十二支・丑 | トップページ | 日本の夏気分 »

コメント

こんにちは♪すっかり変わったしまった焼肉屋さん
残念でしたね。
お気に入りだっただけに旦那様かわいそう(T_T)

でもお口直しの餃子が美味しくてよかったですね(^^)v

投稿: じゅん | 2006年7月 2日 (日) 20時16分

じゅんさま。

本当に、相方は気の毒なことでした。
餃子がおいしく食べられたのが救いでした。
そのおかげで(?)相方には餃子熱が発生しました。
今度の外食は始めから王将かも?

投稿: Q(お返事) | 2006年7月 3日 (月) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十二支・丑 | トップページ | 日本の夏気分 »