« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

ついてない

Nashibudou 今日は朝からついてない。

朝食用の牛乳をコップに注ごうとしたら大胆にこぼし、この忙しい時に…とのろのろ拭き掃除。その直後、フルーツを盛った皿をテーブルに運ぼうとしたらつまずいて、皿の上のものを一つ残らず床に落としてしまった。なんか情けなくなって涙が出てきた。

ただごとではない音に飛び起きた相方。つまずいただけで転んでないから、私自身は大丈夫なんだけどね。
フルーツは洗いなおしてちゃんと食べた。

| | コメント (0)

2006年8月30日 (水)

しばし温風機

Onpuuki 夜寝るときは相方側から扇風機をかけるのだが、就寝前の相方の体は、めちゃくちゃ熱い(入浴直後なので)。

すると、相方越しの風が、相方の体温を含んでものすごく熱くなるのだ。これには驚き。

相方の体温が下がるまで、私は温風に耐えるのである。

| | コメント (0)

2006年8月29日 (火)

みなまで言わんでも。

Ice 私が一人で帰省中に、取っておいた(と私だけが思っていたのだが)アイスを全部相方に食べられてしまった。

「あたいのレデイボー○ンがあ~」とぐちぐち言ってたら相当うるさかったのか、自分のおこづかいで買ってくれた。しかももとの三倍の量だ。満面の笑みの私。

ええ、みなまで言わんでも分かってますとも、お子ちゃまですとも、ええ。

でも毎日の少しずつの楽しみができたもんね。

| | コメント (2)

2006年8月28日 (月)

帰省日記その④

8月19日(土)

Bizanroke 昼から相方と外出。

駅周辺をぶらぶらした後、先日bonyaちゃん夫妻と行った阿波尾鶏のお店へ。

たらふく飲み食いして外に出ると、すぐ近くで映画のロケをしていた。
徳島を舞台にしたさだまさしの小説「眉山」が映画化されるそうで、阿波踊りを鑑賞するシーンのために、15日までやっていた阿波踊りの演舞場を一部そのままにして大勢のエキストラを導入して撮影をしていた。踊りの人たちもエキストラなのだが、みんな先日の本番でも踊っていた本物の踊り子なので阿波踊りが見れなかった相方は大興奮。

さらに現場に近づくと、主演の松島奈々子や共演の宮本信子が見えるということで、ミーハー気分で覗いてみた。遠くの客席に小さく見えただけだが、なんだか満足。帰宅してから母に自慢してしまった。

8月20日(日)

Handtaoru 午後に、流れで家族全員で甲子園の決勝をテレビ観戦した。

昨年の夏の甲子園で、徳島県代表が駒大苫小牧に敗れたというのもあって、家族はあからさまに早実応援ムード。

結局翌日再試合が決まったが、翌日の試合時間はちょうど移動途中でテレビが見れないことに気付く。ううん残念。

のちに早実投手の斉藤君のハンドタオルがこんなにも注目されるとはまだ知る由もなく、私はハンドタオルを使う彼に勝手な対抗意識を燃やしていたのだった。

8月21日(月)

帰宅の日。
実家の皆様、長いことお世話になりました。

そしてまた明日からはいつもどおりの日々。(帰省日記おわり)

| | コメント (2)

2006年8月25日 (金)

帰省日記その③

8月15日(火)

Ds 隣の家に住む祖父が、なんとくじでニンテンドーDSを当てたそうで、使わないからということで借りてきた。あの脳トレーニングのソフトもセットで当たっていたのでやってみることに。Q家はDS初体験。

最初の設定を祖父(ちなみに86歳)にしたので、何をやっても実年齢より脳年齢が低くなるため、ほめられるのだった。

うちに持って帰ってやろうかしらと思ったけど、確実にひきこもりになりそうなのでやめた。(しかしなんと、後日うちに来た相方が妙にはまってしまい、現在買おうかどうか悩み中)

8月16日(水)

Hirune 昼食後、ものすごい睡魔におそわれたのでその場で昼寝。なんと幸せなことよ。

しばらく寝てからふと目を覚ますと、なんと父以外の家族全員が、私に引き続きその場で寝ていた。(父は外出した模様。)

居間とその隣の和室にまたがって横たわる家族5人…
誰か第三者が見たら確実に「事件か!?」と思いそうな図であった。

8月17日(木)

特にな~んにもせずだらだら過ごす。

8月18日(金)

Saikai お盆も週末も返上で休みなく働き続けていた相方が、やっと休みを取れて徳島にやってきた。

駅周辺をぶらぶらとしてから私の実家へ。月曜日に一緒に滋賀に帰る予定。

←なんだかヒゲダンスのよう…

(つづきます)

| | コメント (2)

2006年8月24日 (木)

帰省日記その②

8月13日(日)

Bonyahusaito bonyaちゃん夫妻と阿波踊りへ。
演舞場近くのお店で阿波尾鶏をいただいてから(この店、数日後に相方とも行ったよ)、無料の演舞場をぶらぶら。bonyaちゃんは浴衣がとても似合ってた。いいねえ、祭りに浴衣。
 二軒目の店がなかなか決まらず、結局なんだかあやしい店にたどり着いた。私が一番地元の人間なのに、お店とか全然知らなくてごめんね。学校と家との往復しかほぼしてなかったインドアっ子なもので…
 最後の方、bonyaちゃんは結構酔いが回ったのかふらついてて、私と夫君とで両側からかかえて歩いた。夫君は、女踊りのうなじがどうとか、何やらがそそられるとか、そういうことばかり連発してた。こちらも酔ってた?

8月14日(月)

Imoutokuru 結婚して実家の隣の市に住む妹が来て、一緒に実家で夕食を食べてしゃべって帰って行った。
 きょうだい同士でしゃべると、現実の年齢や状況を越えて、いつものくだらない会話になる。いくつになってもそうなんだろうか?(つづきます)

| | コメント (5)

2006年8月23日 (水)

お久しぶりです

長い帰省から帰ってまいりました。

Yasumiake ←これももちろんウソですが、ぴちぴちに太ったのだけは本当。

帰省中にあったことをこれから何日かに渡って簡単に書いていきたいと思います。










8月10日(木)

Monikai 帰省は列車(青春18きっぷ…)を使って、瀬戸内まわりで。そして岡山で途中下車。結婚前の職場の同僚Yちゃん、Mさん、Fさんと久しぶりに会って飲み会。
かつては同じ部屋でデスクも近かった四人なのに、今は全員別の職場に。私以外は現在もバリバリと働いてて、すごいな~と尊敬しつつ、久々に会えた喜びをかみしめたよ。

その後徳島方面の電車へ飛び乗り、夜遅く実家に帰宅。夜遅いのにもかかわらず、駅まで迎えに来てくれた両親に感謝感謝。

8月11日(金)

Hahatoaruku 夕方までだらだらと過ごし、少し日差しが弱まったところで、母と駅裏の大きな公園まで散歩。翌日から阿波踊りが開幕することもあって、公園内で踊りの練習をしていた。この音楽(阿波踊りの歌を「よしこの」という。また、その独特のリズムは「ぞめき」のリズムという。)を聞くと、「徳島の夏やな~」と感じる。

母よし子は、「よし子のよしこの」などとつまらないシャレを言いつつ、歩きながらよしこのを口ずさんでいた。

8月12日(土)

Imadadeodori四国旅行中のフミコ&大くん夫婦と、週末愛媛で働く砂ちゃんが徳島に寄ってくれて一緒に阿波踊りを見ることに。三人とも生で阿波踊りを見るのは初めてだとのこと。

相変わらず仲良しのフミコ夫妻。
そしていつもどこか注目点のあるフミコのファッションだが、今回はかわいらしくまとまってるじゃないの…と思いきや、靴を脱いだ時に謎の五本指ソックスを履いているのを発見!つっこまざるを得なかったよ。

砂ちゃんは仕事終わりで移動も多くて疲れてるだろうに、変わらぬ麗しさ。タフだわ…
彼女が来年からなかなか会えないところに行くかもしれないと聞いて、その話が来た経緯やこれからのことなど話しつつ、かつ阿波踊りの説明も簡単にしつつ、三人でぶらぶら踊りを見て歩いた。(つづきます)

| | コメント (3)

2006年8月 9日 (水)

夏休み

Kisei ←この格好はもちろんウソですが、明日からしばらく帰省します。

お盆に休みを申請していた相方が、急遽出勤しないといけないことに。そのため、すでに立てていたお盆中の予定に私だけでも参加するべく、私は結婚して初めての一人での帰省。
その後一週間遅れで休みをとった相方が迎えに来て、少し滞在した後一緒に帰る予定。

なので、次回の更新は八月下旬予定です。皆様よい夏休みを~!

| | コメント (4)

2006年8月 8日 (火)

甲子園

Koushien 高校野球が開幕した。昨日は私の地元徳島代表の徳島商業と仙台育英との試合があったので、テレビで観戦することに。

そういえば現在大阪在住で、子供の時からの高校野球ファンである弟②が、この日甲子園球場のバックネット裏で観戦しているというのを前日に母から聞いたっけ。弟②にメールしたら、まさにバックネット裏で観戦中だよとレスが返ってきた。

うまくしたら映らないかしら、もしかしたらこれ?なんて画面を探していたら、試合観戦が二の次になってしまった。そして徳商は残念ながら負けてしまった…私が観戦が二の次だったのは全く影響してないけど…
選手の皆さん、応援に行ってた皆さん、猛暑の中お疲れ様でした。

| | コメント (2)

2006年8月 7日 (月)

うたた寝ふたたび。

Utatane 夕食後、私がトイレに行っているわずかな隙にまたまた相方はうたた寝。

今回私はマイペースに、恒例の実家への電話をした後、入浴した。その後起こしても起きる気配なし…ふと気付くと入浴中に私のケータイにメールと着信があった様子。夫婦共通の友人だった。

電話をかけてみて話を聞くところによると、相方に電話したら寝ぼけた様子で出たので用件が伝えられず、私のほうに電話をかけなおしたとのこと。その用件についても無事に私のほうで解決することができたので、よかった。

結局三時間ほど寝た相方はやっとこさ起きてシャワーを浴び、目が覚めた状態で寝室に入ってきて開口一番「殴ってください…」だって。しかも土下座付きで。(しつこいようだが、私がさせたわけじゃないよ!)

過剰な反省っぷりに笑った。

| | コメント (0)

2006年8月 6日 (日)

コウモリ発見と恋愛診断

パソコンで友人の日記から「恋愛診断」なるものを発見。夫婦でそれぞれやってみた。

私の診断結果は…AからHランクのうちFランク(低い…)
優しさ、真面目さと知性、明るさと積極性、美しさ、色気、健康、環境のそれぞれにポイントが付くのだが、真面目さと知性は高かったが、色気がずば抜けて低かった。20ポイント中マイナス1!マイナスって!

相方はGランク(私より低い)。
優しさがポイント高かったが、健康が低かった。お疲れ気味だし当たっているかも。それにしても恋愛能力の低い夫婦だな。

お遊び感覚でする診断だが、そこそこ当たっていて面白くできた。よろしければ皆さんもどうぞ。

Koumoriその後、出掛ける際にうちの社宅の外壁にコウモリがとまっているのを発見。間近でじっくり見るのは初めてで、興奮する私。そして、こうもりで大はしゃぎしている時点で、色気無いわなあ~そりゃマイナス1にもなるわなあ~、と妙に納得したのであった。

| | コメント (5)

2006年8月 4日 (金)

超不器用

Bukiyou マジックカット(こちら側のどこからでも切れます、というやつ)でも、高確率で失敗する。

| | コメント (2)

2006年8月 3日 (木)

偶然にしては

Hebi 昨日(8月2日)は妹①の誕生日。ちなみに影のあだ名が「ヘビ」の妹である。(この日の日記参照)

この日、朝相方を送り出したら玄関先で「わあっ!」と驚いた声。外に出てみると、玄関の前の溝にヘビがいた。細いけど結構長い。50cmくらい。

ヘビが出るのなんて初めての出来事なのに…ただの偶然?それとも何かのサイン?

絵で私が笑っているのは興味津々だからで、ヘビが苦手な方はごめんなさい。

| | コメント (0)

2006年8月 2日 (水)

大分旅行記・その3

7月29日(土)3日目

大分最後の朝。温泉を浴槽に溜めて、無理やり四人で朝風呂に入る。

さっぱりした後、別荘内を片付けて由布院駅へ。駅近くのカフェでモーニングを食べて、駅前で土産物を物色した。由布院駅から直接空港に移動するため、サチコが一足先に帰ることに。残り三人で大分駅まで戻り、そこから私が帰ることに。今度またゆっくりまわってみたいな、大分。

Oita5 さてこの日、私は岡山で途中下車して、友人かなえさん宅に一泊させてもらうことになっていた。岡山駅まで迎えに来てもらい、車で直接かなえさん宅へ。

かなえさんの娘Hちゃん(4歳)も一緒で、かなり成長していたのに驚く。4歳(もうすぐ5歳)の女の子って、もうすっかりレディなのね。会話もたくさんできるし。今行っている習い事(英語とバレエ)についてもいっぱいお話してもらった。

かなえさん宅に到着後、彼女は夕食の準備をすることに。その間、私はHちゃんと遊ぶことにした。ぬいぐるみや絵本を見せたいから、とHちゃんに二階に案内されてしばらく遊ぶ。

Oita6 しばらくして一階に降りる際、はしゃいで階段を走り降りようとするHちゃんに「足元暗いし、気をつけてゆっくり降りて!」と声をかけた。Hちゃんは「落ちたりなんかしないよ~」と答えた直後に、階段を踏み外して五、六段すべり落ちてしまった。
火がついたように泣き出すHちゃん。台所から飛んできたかなえさん。私は落ちる姿を見ていたので説明すると、まあ心配ないだろうとの事。
手に持っていた絵本が階段とお腹の間にはさまって、それですべって下まで止まらなかったようだ。頭も打ってなかったし、手足をひねったようすもなかったし、本人も特に痛むところはなく見たところ怪我もないし、ただただびっくりして泣いているみたい。
聞いたら、階段から落ちたの初めてなんだって…貴重な瞬間に立ち会ってしまった。何もなくてよかったけど、心臓が止まるかと思った。

Oita7 この日は旦那様が泊まりの勤務らしく、かなえさん親子と三人で川の字で寝ることに。夜中、ふと気付くとなぜか私の股の間にHちゃんが転がってきていた。びっくりした~。髪の毛が長いから、ちょっとした貞子のようだったよ。
私がちょっと体を起こしただけでかなえさんが気付き、Hちゃんを移動してくれた。その姿を見て、「母だなあ~」と思ったのだった。私なら熟睡して気付いてあげられないもの。

そして翌日…かなえ宅で朝食と昼食までいただき、Hちゃんともたっぷり遊んでから、岡山駅まで送ってもらう。Hちゃんはお母さんの手伝いもするし、歯磨きや手洗い、うがいなど嫌がらずにするし、しつけがちゃんとできてる子だった。さすがかなえさん…

こうして無事に旅行を終えたのだった。夜には旅行中に取ったデジカメの画像を相方に見せて説明して楽しんだ。

なかなか会えなくて連絡もそんなにしないけれど、久々に会えばまるで昨日まで会ってたのかと思うほどいつも通りの会話ができる。そんな友はいいもんだなあ。今度はいつ会えるか分からないから、一瞬一瞬かみしめて楽しんできたよ。

| | コメント (0)

2006年8月 1日 (火)

大分旅行記・その2

7月28日(金) 2日目

bun宅で迎えた二日目の朝。
お母様の作った豪華な朝食をおいしくいただき、準備をして出発。

大分駅から電車で由布院駅へ。
由布院は大分より5℃くらい涼しいと言われていたのに、すごい暑さ!梅雨明けした九州は暑さが厳しくなっていた。

Oita3 駅から金鱗湖という湖まで、商店が連なる道をのんびり歩く。
そして、湖の手前にあるお店で昼食。個室になっていていい感じ。ちょっと奮発して懐石風の料理をいただいた。

食後は、金鱗湖の周辺を散策してまた来た道をのんびり戻り、土産物など物色しつつ、アイス休憩をはさみつつ、途中のスーパーで食材を購入して駅方面へ。

今日宿泊するのは、由布院駅からタクシーで15分ほどのところにある貸し別荘。個人の持つ別荘を、旅行会社の手配によりオーナーが使用しない間借りられるようになっているのだ。

Oita4 別荘に到着したのは午後4時半過ぎ。早速掃除をして入浴することにした。浴室は温泉が引いてあって、蛇口から温泉が出るようになっているのだ。
順番に入浴している間に、バーベキューの準備。実は全員バーベキュー初心者ということが判明し(着火剤がないと炭に火がつきにくいということすら知らなかった)不安なまま、あーだこーだとやっていたら、何とか無事に火をおこすことができた。
風呂上りで寝巻きのまま、中にはタオルを頭に巻いたまま、外から丸見えの状態で肉をほおばる私達。外で食べるとなんでこんなにおいしいのだろう。

食後、片付けしてのんびりおしゃべり。話の内容といえば、由布院とは全く関係のないいつもの話題だったんだけれど、それもまた楽しい。
みんな年なのか夜更かしができなくなっていて、23時には就寝。
というか、私がトイレから戻ってきたら電気もつけっぱなしで三人とも爆睡していたのだった。同時に力尽きたのだろうか…

そんな感じで二日目終了。(つづく)

| | コメント (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »