« ごきげんさん | トップページ | ひさびさに »

2006年10月23日 (月)

鍋解禁

Toriyasaimiso 週末には今年度初の鍋をした。我が家で去年から流行っているのが、とりやさいみそ鍋。

県北の名産「とりやさいみそ」(うちの近所のスーパーでも手に入る)を溶いただし汁に、具を入れて煮るだけ。具は、白菜やねぎはもちろんのこと、油揚げや豚肉がとっても合うのだ。あと水餃子もよい。

去年はこれで日本酒をキュッとやるのが抜群だったのだが、今は禁酒中だから仕方ない。お酒無しでも十分おいしゅうございました。(岸朝子風…)

|

« ごきげんさん | トップページ | ひさびさに »

コメント

へぇー!とり野菜みそって石川だけかと思ってました。そちらにもあるんですね〜。同じものかどうかはわかりませんが、おいしいですよね(^^)
実家では冬の風物詩でした。

投稿: ぽん | 2006年10月23日 (月) 12時53分

ぬわああああ
お、美味しそうっ!!

このイラストがまたいい!
語らず美味しさを伝えると言うか


調べてみると、「滋賀県北部の名物」
「石川県のソウルフード」なのだとか!

思わずオンラインショップで注文しちゃいました(^^;

オススメの食べ方あったら教えて下さいませ
>Q様&ぽんちゃん

投稿: パナ | 2006年10月24日 (火) 12時54分

ぽんさま。

石川にもあるのか~同じものなのかな?
相方は地元の人間ですが知らなくて
(逆に地元民の方が知らないのかな)、
同僚のお宅で鍋をごちそうになって、その
存在を知ったそうです。おいしいしあったまるよね~。
帰省前に何回お鍋ができるかな?

パナさま。

さすが、行動が早いですね…
とりあえず、鍋をしてみてください。
野菜がたっぷり食べられてヘルシーですよ。
その後雑炊にするとこれまたいけます。

投稿: Q(お返事) | 2006年10月24日 (火) 16時50分

石川の高松というところに、とり野菜みそを作っている「まつや」があります。県内に流通するとり野菜みそはほぼすべて「まつや」です。

私流のおいしい食べ方は…
鍋の底に白菜の芯を敷き、鶏肉(ホネ付きぶつ切りがベター)を置き、みそを袋半分かける。次に白菜の葉の部分を乗せ、残りのみそをかける。他に野菜を入れるときは、固いものを下にしてください。あとは肉に火が通るまで煮込むだけ。

雑炊がポピュラーですが、ラーメンもいけます(^^)できれば生麺で!

投稿: ぽん | 2006年10月27日 (金) 14時55分

ぽんさま。

「まつや」のとり野菜みそ、ネットで見ました。
袋も小ぶりで安くていいねえ。確かにこれだと
一回一袋だね。
うちで買ってるのはびわこ食品のとりやさいみそで、
少しお高いです。一個買ったら4~5回は鍋ができます。
ラーメン合うよね!私は乾麺派です。

投稿: Q(お返事) | 2006年10月29日 (日) 13時10分

さっそくやってみたよ~!
http://blog.livedoor.jp/pana/archives/50779951.html

思ったより濃い味付けじゃないのだけど、
じわ~っと旨く、後引く味だねえ!
柔らかく煮た白菜がとても美味しい!!

ダイエット中なので鶏肉少量でやったけど、
大きい鍋でぶつ切り鶏肉や、
豚肉で食べたら美味しいんだろうなあ(^^;

ラーメンは、ぽんちゃんの意見を参考に、
「生麺」を使ってみたのだけど、

「生麺」=「茹でた生麺」
「生麺」≠「茹でる前の生麺」
だよね?

一人前の小鍋でスープが煮詰まった状態のところに、
「ゆでる前の生麺」を入れたら、
スープはドロドロ、麺はガチガチ状態に(T_T
次回はゆでた生麺で!

インスタント麺やうどんでも、
美味しそうなのでやってみよう~

投稿: パナ | 2006年11月 1日 (水) 20時29分

パナさま。

私は生麺をやったことないのでわかりませんが、
乾麺の場合も冷凍うどんの場合も、あらかじめ
水分を足してから入れますよ。普通の大きさの鍋でも
スープが少ないと麺がドロドロガチガチになります。

投稿: Q(お返事) | 2006年11月 2日 (木) 16時56分

そうだよねえ~!
もちろん湯で薄めたんだけど、
予想以上に生麺は難しかったのです(^^;

2回目は豚の肩ロースと、鶏肉で食べたよ
豚が合うねえ!!春菊の苦みも最高にマッチ!
仕上げは汁を薄めて乾麺タイプのラーメンを入れて食べたよ
この味なら、味噌ラーメンを食べに行く必要なしだね!

具も牡蠣や鮭やジャガイモや色々入れても美味しそう!
ホイルでチャンチャン焼もいけそうだねえ
餃子も試してみるよ~

投稿: パナ | 2006年11月 2日 (木) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごきげんさん | トップページ | ひさびさに »