« 怒り考 | トップページ | 余韻に浸ろう。 »

2008年1月18日 (金)

刺激的な集い

Jidokan 昨日は、近所の児童館で0歳児から1歳児対象の母と子の集いがあり、お誘いを受けたので参加してきました。

引きこもり親子だったので、こういう集いに参加するのは初めて。誘ってくれたのは、妊娠中に母親教室で知り合ったFさんで、娘と一ヶ月違いの息子、K君がいます。K君は三番目の子で、Fさんは絵に描いたようなちゃきちゃきの肝っ玉母さんでした。

参加されてたほかのお母さん達は、全員二人以上の子持ち(本当に少子化なのか…)で、余裕がある方ばかりで楽しくおしゃべりできました。娘は特に誰と触れ合うでもなく、マイペースに一人黙々と遊んでいました。でも、やはり刺激を受けたらしく、帰宅してからはしゃぐはしゃぐ。

お昼ごはんを食べて話をするだけの会でしたが、母子ともにとてもいい経験でした。

で、夕方からは皮膚科の再診へ。
結局原因不明だそう(虫刺されっぽい?)ですが、少しましになってきているし、そんなに危険性もなさそうということで、いただいた薬を引き続き塗って様子を見ることになりました。ひとまず安心していいのかなあ?

|

« 怒り考 | トップページ | 余韻に浸ろう。 »

コメント

娘ちゃんの良い刺激になったのなら何よりですね♪
「人と会うのはお風呂と似ている。
 会うまでは億劫なのに、
 会ったあとは、よかった、とか 元気になってる」
というようなことを
糸井重里さんが書いていました。そうかもな~。。。

投稿: Esterhazy | 2008年1月20日 (日) 08時43分

Esterhazyさま。

なるほどなあ~、私にとってのお風呂との関係と
人付き合いの関係とによく似てるかも!
ちょっとくらい入らなくても(会わなくても)平気で、
入ったら(会ったら)すっきりっていうところが。
お風呂大好きな人がいるように、人に会うのが
苦にならずに大好きな人もいるよね~。
そういうところも似てるなあ。

投稿: Q(お返事) | 2008年1月20日 (日) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怒り考 | トップページ | 余韻に浸ろう。 »