« 療育スイミング | トップページ | 絶え間なく流れる »

2008年10月13日 (月)

ある物語

Anpanman 大学一年生の彼は、一浪して入ったその大学で、学部の勉強にサークル活動にと充実した毎日を送っていた。

そんな中、気になる女の子がひとり。

学食で、構内で、たまに見かける名前も分からないその子。
幸運なことに、彼女を知っているという友達がいて、学部と名前を知ることができた。
学部は違うが、学年は同じ一年生だった。

名前が分かっても彼はすぐに行動に移すことはなく、今までと同じように「たまに見かけるあの子」を気にかける日々が過ぎていった。

そして時は過ぎ…大学三年生の冬。
二年経っても変わらず気になる彼女に、彼はついに手紙を出すことにした。

さて、その彼女。

彼女は高校時代から付き合っていた恋人と遠距離恋愛を続けていたものの、話し合いの末に別々の道を歩むことになった。
ほどなくして、父親が突然亡くなった。

そんなどん底のある日、一通の手紙を受け取った。学部も違って名前も知らない、彼からだった。

実は、彼女がこの手の手紙を受け取ったのは初めてではなかった。そういった手紙のほとんどはロマンチックで積極的な内容で、彼女はそういうのが苦手なのだった。

が、今回受け取った手紙の内容はシンプルで、ちょっと興味を持ったのだった。

そして二人は会うことになった。

初デートの待ち合わせは駅前の本屋。
が、時間になっても彼女が来ない。心配になる彼。そこに、

「ご、ごめんよ~」
と、遅刻した彼女がやって来た。

勝手に彼女におしとやかなイメージを持っていた彼だが、一気に印象が変わった一瞬だった。

話してみると、結構二人はうまが合った。
すんなり交際することになり、その四年後、二人は結婚した。

その後、二人は五人の子宝に恵まれましたとさ。

…今日は、私の両親の結婚記念日です。

誕生日や記念日を全くお祝いをしない二人なので、お祝い代わりにブログで言います。
三十四回目の結婚記念日、おめでと。

…ちなみに、私も相方との初デートに遅刻しました。遺伝なんだろうか?

|

« 療育スイミング | トップページ | 絶え間なく流れる »

コメント

まあ!
話題の美人なお母様だったのですね!!
うちの両親の結婚記念日は来月で、ニアミスですねー。
ってわたくしたちお誕生日も1か月ちがいでしたね・・・!縁か!?(笑)

投稿: ニョッ! | 2008年10月13日 (月) 12時51分

日記の更新を楽しみにしておりました。今回も挿絵が可愛いですねw このテの話は大好きなので興味深く読ませてもらいました。次回はQ様夫婦の馴れ初めを詳しくお聞きしたいですね。

投稿: マクラ | 2008年10月14日 (火) 20時05分

ニョッ!さま。

そうですかそうですか、ご両親は来月…
相方の両親が来月結婚記念日です~ちょうど一ヶ月違い。
なんと一年後の同じ日が相方の誕生日という。
妹が8月2日生まれなので、私と妹でニョッ!さんを
はさんでます。縁?なのか?

マクラさま。

ありがとうございますheart01
私達の話は…、自分の話しになると恥ずかしいので
なかなか書けないでしょうね~
年月と言えば、相方と出会ってからかれこれ十五年以上も
経ったということに、二人して驚きました。
絵日記の更新にあててた娘の昼寝時間が短くなって
きてるので、ぼちぼち更新になりますがお付き合いくださいませ。

投稿: Q(お返事) | 2008年10月15日 (水) 22時27分

ご、ごめんよ~のセリフに何となくQちゃんを感じたら…お母さんなら納得(笑)結婚してから、両親の結婚記念日って以前とは違う感じでめでたく感じるようになったわぁ。34年…夫婦の歴史って、一生続いていくんだよね。ほんとめでたいことです。

投稿: ゆきち | 2008年10月21日 (火) 00時16分

ゆきちさま。

えっ、セリフに私を感じた?
やだわ~何か受け継いでるんだろうか。
私は、「結婚して数年後、旦那の家族とほぼ同居」という
環境が母と一緒で、あの頃母親はどんな気持ちだったんだろ
と思うことが多々あるよ。
今も祖父母と母がうまくいっているという事実は
私に勇気をくれます。
結婚や出産って、新たな面から両親を見ることができて、
親子の関係というのはどんどん進化するんだなと感じるよ。

投稿: Q(お返事) | 2008年10月22日 (水) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 療育スイミング | トップページ | 絶え間なく流れる »