« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

じ~んと。

Unicorn 再結成したユニコーンが出たMステのビデオを見て興奮。
民生さんと阿部さんが歌いながら笑い合ってる姿を見てじ~ん。

あの頃高校生だった私。まさか16年後、ひざに娘を乗せてふたたび「すばらしい日々」を聞く日が来ようとは。

新曲もステキでした。何回も見てしまいました。
なんか、「頑張ってるおっさん達」な感じになってるのもよかった。

| | コメント (2)

2009年1月29日 (木)

渾身のハイ

Shinsatsu 昨日は毎月恒例の娘の診察日でした。

主治医の顔を見ただけで、もう泣く泣く。
診察のために脱がしていた服を相方に着せてもらっている間に、私は先生の話を聞くのですが、なかなか泣き止まない娘。

「もう怖いの終わったんだよ。」
「分かってるけど泣くのが止まらないの?」
など話しかけると、ヒックヒックしゃくりあげながら必死に「ハイ。」とお返事していました。

そう、最近何かたずねると、「ハイ」とお返事するのです。
(「ハイ」と思わないことには無言です。)

診察室を出ると、案の定ケロッとしてました。

今日は口頭だけで簡単に発達の具合を見てもらったのですが、先生いわくバラつきがあるらしいです。
一歳半に満たないぐらいのところもあれば、二歳相当にできていることもあるらしく、甘めに見て、平均すると一歳九ヶ月くらいですって(娘、現在二歳一ヶ月)。
発達のバラつきは、生活環境によるものも大きいみたいです。例えば、兄弟の有無でかなり違うらしい。
ともあれ、娘なりに前進してるのが分かってよかったです。

| | コメント (2)

2009年1月24日 (土)

数年越しの「ほんまや。」

ふとしたことから、相方と昔の話になりまして。

私、相方との初デートでいきなり遅刻しましてね。

私達、しょっぱなから岡山(私)と滋賀(相方)との遠距離恋愛で、初デートの待ち合わせは大阪駅だったのです。
お金があまり無かったので新幹線をあきらめ、鈍行に乗ることに。
姫路で乗換えで計二時間半くらいでしょうか。
ちなみに岡山から姫路は各駅停車しかなくて、一時間半もかかるのですね。

朝、時間通りの電車に乗った私。前日までの仕事の疲れか、乗ってまもなく寝てしまったのです。

が。その列車、相生駅(姫路の手前)で車両の切り離しがあって、しかも取り残される方の車両に乗ってるのに気付いてなかったのですね。

気付いた(起きた)のは取り残された後…

頻繁に乗り換えの電車があるわけもなく、結局三十分ほど遅刻したのでした。
という、マンガみたいな本当の話。

相方は、性格上&電車の時間の都合上、約束時間の三十分以上早く来てたらしく、合計一時間以上待つことになったそうです。

「正直『切り離されたので遅れる』ってメール来た時は『はぁ!?』って思った。」と相方に言われました。
「切り離しの音って結構大きいよ。それで気付かないって、どんだけ寝てるのよ。」とも。

「いや、熟睡してたら何にも聞こえないんだって!」と私。

すると相方は、

Honmaya ←と。

「ほ…ほんまや!!」と、初めて気付きました。

| | コメント (6)

2009年1月20日 (火)

褒めてないやないか~い

Higuchikun 先日購入した服を初めて着てみた。丈が長くて胸元がちょっとフリルっぽくなってる、シャツ型チュニック。

私の姿を見て、相方がおもむろに「その服、いいねえ。」と。

が、その次のセリフが、「ひぐち君(髭男爵)みたいやな!髪の毛を外巻きにしたら、完璧よ!」ですと。

何が完璧なのじゃ。

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

還暦祝い

Kanreki 一週間も経ってしまいましたが、先週末に両親の還暦祝いをするために帰省しました。
厳密には両親の生まれ年は違うのですが、父12月生まれ、母その次の年の4月生まれということで4ヶ月しか離れていないので、その間の時期にふたり一緒にお祝いすることにしました。

妹②の結婚式以来の、兄弟勢揃い。
駅前のあるお店にて懐石料理をいただき、お酒もいただき(我ら兄弟は日本酒派)、プレゼントと色紙の贈呈となりました。

驚いたのは、両親からの色紙返し。ひとりひとりにあてた漢字一文字を母が書き、それに父が最近の趣味である俳句を添えて、私達それぞれに渡してくれました。

次は、古希?それとも金婚式?喜寿?それまで変わらないふたりでいてほしいものです。

後日。

相方「両親が還暦って、何か思うことある?」

私「…ない。(きっぱり)」

相方「なんか、そう言うと思った。」

という会話が交わされたということです…

| | コメント (2)

2009年1月 8日 (木)

そんな日常

Yumekowasu 相方が、借りてきたCDをおもむろにコンポ(テレビ台の中にある)で聴こうとしたら、
←こんな残念な感じに。
テレビの上にはエアコンがあり、洗濯物を乾かしたくて、洗濯物干しを持ってきてたのです。

「ソファで音楽を聞くのが夢だったんよ」という相方のセリフが心に痛い。

相方は特に気にならないようでしたが、「なんか散らかってて雰囲気ないけどごめん…」と謝っておきました。

そしてもうひとつ。
↓誰も教えていないのに、自ら編み出した娘の一発芸。

Oppaigei まさかの、下ネタ…!?

別のもので例える、という技には感動したのですが、よりによってそれじゃなくても…!

絵には描いてませんが、お義母さんと相方弟くんもいて、爆笑でした。

| | コメント (7)

2009年1月 5日 (月)

あけました。

Ushidoshinenga 今年最初の更新です。

今年も皆様にとってよい一年になりますように。

もともと、恐ろしく連絡不精な私が近況をお知らせするために始めたブログですので、私達を知る身近な方たちも、ブログで知っていただいている方たちも、「近所に住む親戚」な感覚でこれからも見守っていただけると嬉しいです。

今年も不定期更新になりますが、よろしくお願いします。

年末年始のあれこれ

・年末にいきなり娘が下痢。(熱なし、食欲あり)年始に無事回復。

・同じく年末に相方ひとりで運転中に物損事故。左のドアミラーが根元からもげる。
けが人無し。相方ありえないほどへこむ。
私は、「少々お金はとぶけど直るんだからいいんじゃな~い?」という楽観派。
今週中に修理予定。

・大晦日にbonyaちゃん夫妻が車で帰省の途中に寄ってくれる。
近所のうどん、そば屋さんで食事するも、夫くんがギャル曽根なみの食べっぷりで
そば9玉ほどぺろっとたいらげる。私は相方よりよく食べる男性を初めて見た。
というか案外身近にいたのね。気付かなかった。
お二人に会えてよかったです。また来てね。

・bonyaちゃんがお土産でくれたマンガ「西洋骨董洋菓子店」を、年をまたいで
読破してしまう。
なんという年越しなんだ。

・お正月にはお雑煮のみ作る。白味噌、丸もち、大根、里芋です。
これは徳島の実家風。実家の味に近くできたよ。

・年末のM-1よりむしろ楽しみにしている年始の「ドリームマッチ」を今年も楽しむ。
ウッチャンと松っちゃんコンビにウルウル、ゲラゲラ、そして感動。

以上で~す。今日から平常運転です。

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »