« 師も走るぜ。 | トップページ | 謹賀新年 »

2009年12月31日 (木)

年末がたり。

あっという間に大晦日。

さっきまで大掃除やっていました。しかも中途半端…
やはり私は掃除が苦手だ…

さて、年末に起きたあれこれを。

・クリスマス。娘は、「クリスマスにはサンタという人がプレゼントをくれる」という概念が何となく分かったみたい。プレゼントは一緒に選びに行って、その際に「これは、クリスマスにサンタさんが持って来てくれるからね。」と言っておいたのです。
その日からずっと、「サンタさんが、うんてんを(プレゼントはアンパンマンのハンドルのおもちゃ)もってきてくれるのよ」とことあるごとに言っていました。

クリスマス当日の朝に、枕元にあるプレゼントを見て大よろこびでした。
その日は、ものすごい集中力でずっと遊んでいました。
最近は「そろそろ運転終わりなさい」と促すと、スイッチを切って「ただいま~」と言って私のところにやってきます。車で帰宅したていなの?
車といってもパトカーなんですけど。

・先週末。関東在住の友人たまおくんが、突発的に我が家にやってきました。
なんと、米原までは新幹線、そこから我が家までは自転車で。
(折りたたみ自転車持参でした。)
ちなみに我が家は米原駅から車で三十分以上はかかります。
しかも、我が家に来る前に、別の場所に立ち寄ったそうです。
その場所というのが、お気に入りのアニメの舞台のモデルになったところだそうで、
(そういうところを訪問するのを「聖地巡礼」と言うの?)
我々夫婦二人の共通の見解
「ア…アホなのか!?」でございました。
しかも奥さんに何も言わず出てきてるしさ。
たまおくんは娘とよく遊んでくれ、嵐のように去っていきました。
その行動力には毎回頭が下がります。

・自分の中での今年一番のニュースは、ユニコーンにはまったことでしょうか。

Ucnenmatsu まさかライブにまで行くとはね。
家族へ多大なる迷惑をかけたので、もう当分行かないかな。
でもいい経験でした。

「すばらしい日々」という曲があります。
これは解散前の最後となったシングルで、しかも解散より一足先にリーダーでドラムの川西さんが脱退した後の曲です。
「僕らははなればなれ」や、「君は僕を忘れるから その頃には君にすぐに会いにいける」
など、バンドの終焉を予想させるような、当時の複雑な心境を表すかのような歌詞と、
空虚感ただよわす歌声があいまって、悲しみとも何ともいえない感情になる歌です。

が、今回再結成してからのライブ盤が出たのですが、この中の「すばらしい日々」は
同じ歌詞なのに、同じ歌い手なのに、とても前向きに聴こえるのです。

解散前のは「すばらしい日々だった」、
再結成後のは「すばらしい日々なんだ。これからも。」
と言っているように聴こえます。もちろん私が感じただけのことなのですが。

「うた」「音楽」というのは、演奏する人たちの心によって
全く変わって伝わるものなんだなあと確信した出来事でした。

この曲、ライブでは曲のアウトロで五人が輪になってドラムの方を向いて
(フロントメンバーはお客には背を向けて)終わっていくんです。
解散前にはこの曲を叩いたことがなかったドラム川西さんを囲みながら。
なんだかその場面がとっても好きです。

・最後。
Hontoni ←最近の娘の様子を描こうとしたら、色を塗る段階でお絵かきソフトがバグりまして、結局そのままのせちゃいます。

相変わらず、発達遅めなのかおっとりした性格なのか(両方なんだろうけど)、ゆっくり成長中の娘ですが、それもまた、人よりも長い間幼くてかわいい時期が続くのだと思うと愛らしいかな。

今年も一年、ありがとうございました。
2010年もどうぞよろしくお願いします。

さあ、ガキの使いの「笑ってはいけないシリーズ」を楽しみにしつつ、年越し準備いたします!

|

« 師も走るぜ。 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

うちの主人が突然おじゃましてお世話になりました。

私が仕事だったので、一人で帰省するのは了承しましたが、
まさか夜勤明けでそのまま電車に乗って、
Qさん宅におじゃまするとは思いませんでした(^^;)

聖地巡礼はどっちでもいいけど、
私もQさんのお宅にはおじゃましたかったです!

来年も更新たのしみにしてます。
よいお年をお迎え下さい!

投稿: bonya | 2009年12月31日 (木) 19時55分

bonyaさま。

あけましておめでとう!
旦那様の訪問は驚いたけど、出不精な我が家に
風を入れてくれた感じです。
こちらこそ、何のおかまいもできなくて
申し訳なかったです。

私も、bonyaちゃんに会いたかったよ!
連絡が来た時点で、二人だとばかり思っていたから。
「一人なんかい!」って思ってしまった。

そうそう、昨年(あ、もう一昨年かな?)の
年越しは、大晦日にbonyaちゃんたちが訪ねてきてくれて、
その際いただいた「西洋骨董洋菓子店」を読み出したら
止まらなくなって、読みながらカウントダウンを迎えたの
でした。
すごい年明け。
いや、面白かったよ~

ではでは、今年もよろしくね。

投稿: Q(お返事) | 2010年1月 2日 (土) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 師も走るぜ。 | トップページ | 謹賀新年 »