« おめでとう×3 | トップページ | 大・成功(二つの意味で) »

2010年9月16日 (木)

ただいま絶賛検査中の。

毎回、お久しぶりですやご無沙汰ですの挨拶になってしまいますね。

ご無沙汰してます。

娘の「の」の使い方を忘れないうちに。

No

娘は「の」の不思議な使い方をします。

ひとつは、「~なの。」というのを「~の。」と言います。
例えば「そうなの!」→「そうの!」
「へ~、ネコなの。」→「へ~、ネコの。」

なので、絵の中でのセリフ「ふうりんの?」は、
「ふうりんなの?」という意味。

響きが結構かわいらしいです。

もうひとつの使い方は、「形容詞+の+名詞」
になること。
例えば「きれい空」→「きれいの空」

よって、もうひとつのセリフは「かわいいおとね!」といいたいのだと思います。

いつまでこの使い方を続けるのか分からないので、覚え書き覚え書き。

今日のタイトルは、その娘流に言うところの
「ただいま絶賛検査中なの。」ということ。

ええ、七月後半から娘は診察やら検査ラッシュでした。

というのも、療育が終了した後も娘の発達で気になる点があり相談したところ、専門の機関に相談してみたら、とのアドバイスをいただいたのでした。
(今まで行っていた療育は集団生活に慣れるためのものが中心で、娘は幼稚園で生活できそうと判断されたのと、娘のような微妙な状態に適当なクラスが作れない、とのことで終了したのでした。)

気になるところはコミュニケーション能力の弱さと、操作性、運動面の弱さ。
それが年齢とともに成長してくれるのか、今の時点から何か適切なフォローが必要なのかを専門機関を受診して尋ねることになりました。

とういことで、受診に必要な資料として発達検査を行ったり、言語聴覚士の先生に相談したり、主治医に紹介状を書いてもらったり、色々と忙しくしていたのでした。

そして昨日、娘を連れて専門機関へ。予約してから四ヶ月の待ちでした。

結果、ST(言語聴覚療法)とOT(作業療法)を何回か行って(これが検査を兼ねている)様子を見て、そのまま終了して成長を見ていけばいいのか、継続的なフォローが必要なのかを判断していただくことになりました。

またしばらく忙しくなるかな。
ちなみに、この専門機関も車で往復三時間かかります。娘よ(そして私よ)お疲れ様。

娘は幼稚園でも頑張ってます。十月には運動会。はりきっております。

|

« おめでとう×3 | トップページ | 大・成功(二つの意味で) »

コメント

あーーーーーっ!!
うちの娘も小さいとき、そんな使い方をしていたのを思い出した…。

寝るの。
食べるの。
好きの。

何で「の」がつくんでしょうね。笑。

「コミュニケーション能力、操作性、運動面」
こればっかりは個人差が大きいから気にしなくていいよ。
桃は未だにクラスの中では遅れていて、ものすごく手がかかっています。
小さいときからそうだったので、個性として受け止めることにしたら少し気分が楽になりました。

今は小さいことでもたくさん褒めてあげてくださいね。
褒めることって大事だと思います。

投稿: 桃&涼パパ | 2010年9月16日 (木) 16時41分

桃&涼パパさま。

「好きの」って言います言います。
かわいいですよね!ほんと、なんで「の」なんですかね。

娘の場合、基礎疾患があるために、同じことでも個性と
受け取って見守ればいいものなのか、フォローが必要なのか、
いちいち分からないんですよね。
それがはっきりすればいいなあ~と思っています。

遅いこと自体は、あれ以来かなりおおらかな気持ちで
受け入れることができてます。
めっちゃ褒めてますよ~。褒めた時の嬉しそうな顔が
たまらんです。

投稿: Q(お返事) | 2010年9月17日 (金) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おめでとう×3 | トップページ | 大・成功(二つの意味で) »