« 浮足立ってるZ | トップページ | 父は複雑 »

2011年5月26日 (木)

ささいなこと二編

・ヘビベビー

Photo_3

幼稚園への道中、前方にミミズがいるな~と思ったら、ミミズにしては動きがおかしい…

近づいてよく見てみると、小さいヘビの赤ちゃんでした!

小さいながらもきちんと(当たり前ですが)チョロチョロ舌も出してる!

娘は怖がるでもなく、むしろ興味津々で「かわいい~」なんて言いながら見てました。

動物に興味があるあたり、私に似たのかしら?

娘いわく、虫は怖いから嫌いなんだって。そこも似たのかしら…

・ダイレクト尻

娘の排泄状況ですが。

昨年の秋に初めてトイレで排泄が成功してからしばらくは、トイレがしたいとの欲求を伝えることはおろか、オムツに出ても報告もしない状況が相変わらず続きました。
ちなみに、パンツにしたら不快なため報告をするようになる、ということなのでパンツにしたこともあるのですが、オムツと同じように漏らしても何も報告もしないため、あまり効果がないのでやめました。
まだ、娘の「自発的に知らせる力」が足りないんだということで。

なので、基本オムツで、こちらが出そうな時をを見計らってトイレに連れて行くとする、というタイミング法を続けること数か月。

今年に入ってから、大の方は確実にする前から報告してくれるようになり、小の方も少しずつトイレの欲求を示してくれるようになり、春休みに入ってからはほぼ確実に教えてくれるようになりました。
そして新学期が始まってからは、小なら自分でトイレに行けるようになりました。
(大は行けるけどまだひとりで拭けない)

幼稚園だと、大勢いる中で先生になかなか報告ができないからか、時々漏らしてしまうこともあります。

それでも夜のおねしょもないし、まずまずトイレトレーニングは完了に近いと言ってもいいのではないのでしょうか。
やっとこさ、脳の状態(尿に関するホルモンの働きや、『報告する』という能力を含む)と体の状態(ぼうこうの大きさなど)がかみ合ってきた、ということなのかな。

長かった…!のべ二年でした。長いでしょう?
娘、現在四歳五か月。
四歳になった時は、いつまでオムツなのかなあ…と気が遠くなったものです。

明けない夜はない、ということかしら?

Photo_2

さて、オムツが取れても、しばらくずっとトレーニングパンツだった娘。
(トイレトレ用に大量にあったので)
最近やっと、かわいらしいキャラもののパンツを数枚買ってあげました。
娘大喜び。

で、トレーニングパンツと違って、普通のパンツのなんと薄いこと!

ズボンの上からさわってもスカスカなの!ダイレクトにお尻がさわれるの!

なので、絵のようにセクハラおやじさながら、娘の尻をさわってはパンツの薄さに感動しています。

|

« 浮足立ってるZ | トップページ | 父は複雑 »

コメント

わかる~!!!私も服の上からでもぷりんっぷりんのおしりが丸わかりすぎてつい触りたくなるわ(笑)抱っこして長女だけおしりがぷりんっぷりんでうれしくもなるわ?!

我が家のトイトレ第一弾はスタートから完了まで1年7ヶ月だったわ。。。長女はしゃべり始めたのがやけに早かったために、トイレでおしっこに成功したのもやけに早く、そのせいで周りの圧力からトイトレをスタートするはめになってしまったけど、Qちゃんの言うとおり、タイミングってのがあるなというのを私も強烈に痛感したわ。
第二弾(次女)以降は本人がどうーしてもトイレでする、どうーしてもお姉さんパンツをはくと自ら言うまで私からはしないつもり。そうすりゃ3日で取れたという知人が数人いるから(笑)
成功・失敗に一喜一憂して期待したりイラっとしたり(おっとイラっとなんてQちゃんはしないかもね(汗)失礼失礼)の二年間はながかっただろうね…お疲れ様!!!
やったね娘ちゃんキャラパン♪
やったねQちゃん準生尻♪

投稿: ゆきち | 2011年5月27日 (金) 01時29分

あああっ 読み返してみたら、ぷりんっぷりんのおしりはもちろん長女のね!!わかるか。。。なんか私自身のおしり自慢みたいかなと思って一応。。。

投稿: ゆきち | 2011年5月27日 (金) 01時32分

ゆきちさま。

わはは、わかるわかる!長女ちゃんのお尻だってことは!
いやいや、ゆきちちゃんのお尻もなかなかのもんですよ。

…いや、そういう話じゃなくて。

こどものぷりぷりお尻はたまらんねえ。
お風呂で生尻を見るたびに、
「これはおもちですか?」「違います、お尻です」という
わけの分からん会話をしては娘のお尻をつかむ、というのを
毎回やっとります。いつまでできるのか…

そういえば、長女ちゃんはトイレトレ開始がすごく早かったよね!
あれはびっくりした。

あ、私はかな~りイライラして娘が漏らすたびにめっちゃ当たってたよ。
いかんなあと思いつつ、止められなかったなあ~
だって終わりが見えなかったんだもん。
ゆきちちゃんも大変だったのね…それが、次女ちゃんや三女ちゃんに
教訓となっていくのね。

お互い心ゆくまで娘の尻を堪能しましょう!

投稿: Q | 2011年5月27日 (金) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浮足立ってるZ | トップページ | 父は複雑 »