« 大阪にて | トップページ | 小ネタ集 »

2011年6月12日 (日)

ユニコーンがやって来る ZZZ... @びわ湖ホール

Photo_5

6月6日。

ユニコーンのライブに行ってまいりました。

ユニコーンさんを生で見る(聴く)のは三回目ですが、ワンマンライブは初体験。
緊張するなという方が無理な話。

もう、もう、楽しくて楽しくて、これからも頑張って生きていくぞ!という元気がもりもり湧いてくるような、そんなライブでした。

かっこいいおっさん達、本当にありがとう!

以下、自分の備志録として、非常にとりとめもなく長い文になります。
ネタバレもありますので読みたい方だけどうぞ。

---------------------------

会場の、滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホールは新しくてとてもいいホール。
馬蹄形で、なんと四階席までありますがとても見やすい。
おそらくクラシック向けのホールなので音響もそれ仕様なのだと思います。
私は二階席の右サイドだったのですが、思ったより近い!

初めてのユニコーンは野外フェスで、遠い上に目の前が背の高い人ばかりで本当に声しか聞こえず、もちろん感動もしたんだけど欲求不満も残るほろ苦い経験でした。
二回目は大阪城ホール。このときは前を遮るものはないけれど、最上階の最後列。
よく「豆粒ほどにしか見えない」と言いますが、実際豆粒以下でした。米粒レベル。
でもモニターがあったので前回よりは満足満足。

で、今回は念願のワンマンライブであることに加え、肉眼で人間として感じられる大きさで五人を見ることができるという嬉しい体験ができました。
(前回のツアーと違い、ライブ中にメンバーを映すモニターは無し。アンコール以外。)
「私の記憶力、フル稼働せよ!」と念じながら見ました。

さて、本題に入りましょう。

セットリスト

1.ライジングボール
2.頼みたいぜ
3.ハヴァナイスデー
4.手島いさむ物語
5.WAO!
6.Maybe Blue
7.シンデレラ・アカデミー
8.AGONY
9.いかんともしがたい男
10.ニッポンへ行くの巻
11.ウルトラヘブン スーパーマイルド
12.パパ゚は金持ち
13.君達は天使
14.ブルース(ラップバージョン)
15.さらばビッチ
16.HELLO
17.R&R IS NO DEAD
18.オレンジジュース
19.車も電話もないけれど
20.デジタルスープ

アンコール1
1.オールウェイズ(テッシー弾き語り)
2.SAMURAI 5

アンコール2
裸の太陽

退場
ぶたぶた(BGM)

衣装:海賊(本編)、ブルー船長T(アンコール)

Photo_2

なんとしょっぱなからライジングボール
すでに泣きそうになる私。しかしその次の頼みたいぜで涙は引っ込み、一気に楽しくなります。
初めの二曲ですでに私の中の「Z」の好きな曲トップ2が終わってしまいましたが…
三曲目はハヴァナイスデー。今回の歌詞は「故郷は大津~♪」「びわ湖のほとりで~♪」でした。あと「びわ湖に行ったらめちゃめちゃ釣れたぜ♪」(阿部)

MC。ユニコーンとしては、なんと初滋賀。なのでこのホールももちろん初めて。
OTはびわ湖ホールをベタ褒め。第一声から
「すごいよここ!なにこれ!かっこいいよ!なにこれ。すごいよここ~!」
内装が船の中みたいなのです。客席の照明がシャンデリアっぽかったり。
民生「ミシガンぽいね。ガンミシ。知ってる?ガンミシ。」(とEBIにふる。)
EBI「知ってるよ。びわ湖に浮いてるやつでしょ!」(客失笑)
浮いてる、て。ちなみにミシガンというのは琵琶湖の遊覧船。

手島いさむ物語ではテッシーが飛ぶ!フライングテッシー!
しかもそのまま演奏してボーカル。
でも飛ぶことに必死で、二度目の「め~んどくさいんじゃ~♪」がかなりやけくそに聞こえてメンバー失笑。
そしてせっかく飛んだテッシーなのに、その後のMCでOTに「ここだと(天井が高くて四階席まであるから)上の階から見たら『ちょっと高くジャンプしてる』くらいにしか見えんのと違う?」と言われてしまう。
民生「もっともっと高く飛んだら?」
てし「それやと天井に突き刺さってしまう」
さらに先ほどのやけくそになった歌について突っ込まれる。
民生「あれ、何だったんですか。コーラスの俺らも影響受けちゃいましたよ」

この日は非常にいい天気。どうやら、朝には琵琶湖で釣りを楽しんだらしいOT。
しかも大物が釣れたらしい。でも、それは言ってほしくなかったらしく、
民生「釣りになんか行くわけないじゃないですか!仕事(で来てるん)ですよ!」
とか言いつつ、「顔が(焼けて)ひりひりする…」

てし「ま、仕事のように釣りしますもんね!」
民生「川西さんは仕事のように飲むよね。かわいそうになる時あるもん。
    なんでそこまで?って。」

民生「阿部さん何かありますか?しゃべってませんけど。」
阿部「あのね~、この場所(後方一段上の端)話に入りにくいのよ!
   なんかねえ、そっち(EBI、民生、てし)が居酒屋のカウンターで、
   こっちがひとりテーブル席みたいなの。前に出たときはちゃんとしゃべりますよ!」

WAO!では、いつもの「ワオ!」というシャウトがなぜか「アフォー!!(氣志團風)」に。

そして、まさかまさかのMaybe Blue!
当時より太くなった声だけれど、なぜかそんなに違和感を感じなかった。
これは、今後もっとなじんでくるかも。
で、同じく初期の曲シンデレラ・アカデミーが終わると、MC。

EBI「えーっとぉ、懐かしい歌をいっぱいやってね、みなさん心も身体もホットホットに
   なったと思うんでぇ、」(なんだホットホットて。藤井隆?)
  「これからクールダウンしていただきたいと思います。」
民生「クールダウンするんかい。」
EBI「クールダウンって英語ちゃんとある?通じる?」(問題はそこではない)
民生「通じるけど、俺に言われても(日本人だし)。」

そこからのEBIボーカルAGONY。これ、物販の時に音漏れしてて聞こえてた。
いかんともしがたい男ニッポンへ行くの巻としぶい選曲が続く。
ニッポンへ行くの巻では、またもフライングテッシー。なぜか足ヒレつけて。
グッズの入ったバッグを持って客席に投げるんだけど、なにしろ宙吊りなもので
踏ん張れなくて遠くに投げることができず。

民生「大変だね~。」
てし「踏ん張れないから…」
民生「投げたら体が後ろにいくんだよね。宇宙みたいに。」と言って投げて後ろに動くと、
それまでOTを照らしていたピンスポもちゃんと追って動く。
民生「すごいね!」と言って、何度か同じ動作をしてはピンスポに追いかけてもらう。
民生「ちゃんとしてますねぇ。すみません、もうしませんから。
   (光の出所を見てしまい)うわあ!あっち見たら目が!!見えない!カンペが!」
てし「カンペかい!」

で、ウルトラヘブンスーパーマイルド。確かにカンペ必要…

昨晩も川西さんは飲んでいたという話からテッシーは昨日何してたのか?との問いに
てし「寝てました。寝ることが好きです。あっ、この言い方だとダブルミーニングに…
   好感度が下がってしまう」
民生「せっかく総選挙でセンター取ったのに、テッシーの人気がどんどん下がる。
   次の総選挙は夏ですよ。EBIがセンターを超ねらってる!」
EBI「地盤を固めてます!」
民生「(票のためには)あれでしょ、写真集とか握手会とかせな。
    水着の写真集出せば?水着の!」
EBI「水着かあ…う~ん、水着は、まだちょっと!」
   (まだ、ってなんだ!いつか出すのか!)
   「握手はいくらでもするよ!」
じゃあ、帰りにでもそこで握手せーやとOTに言われ、
EBI「じゃあ…今度ね(エヘ)」って、いくらでもすると言った直後に!
  「地盤固まんないね」

てし「いいんです、僕は指原みたいな位置ですから。」
民生「名前を出すなっちゅーの。いろいろあるんだから。さしこが好きなの?」
てし「いや、石川梨華。」
EBI「それ、モー娘。heart
今までしゃべっていなかった阿部もおもむろにマイクを握り、
阿部「テッシー、それ、モー娘。heart

パパは金持ち君達は天使は、大好きな流れ!まさか聞けるとは~個人的には
Maybe Blueより好き。パパ金では民生、マリオの音多用。
ここぞとばかりにジャンプ音や1UP音。
君天の歌詞は(江戸っ子、江戸っ子のところ)びわっこ、びわっこ。
君天の後には、EBI氏がベースを置いてハンドマイクでおもむろにMC。

EBI「あのね、さっきね、(江戸っ子、江戸っ子のところ)びわっこ、びわっこ、のあと
  なんて歌ったか分かった?(ウフフ)『おおなまず~♪』だったんだよネ。」
民生「俺、(その前の歌詞の)『ドライブ~』のところで、もう『おおなまず』って
   言うてしもうた!」
EBI「エ~、フライング?アハハ、オッケオッケ~イ!(←これは軽めだった)
  実はもうひとつあってね、」
てし「ますずし~♪」
えび民「ちがうよ!『ふなずし~♪』」
(間)
EBI「(声をはって)オッケオッケエ~イ!!」(新ギャグ誕生の瞬間)
民生「オッケオッケイってなんだよ!そんなの言ってた!?」(OTツボにはまる)
チャンチャン!(例の効果音)(みんな例のポーズ)

EBI「ううん、なんか今出たの。それでは、相方を紹介します。
   呉が生んだスーパーラッパー、コウイチィーーーカワニシイイイイイ!!」
(本当に格闘技の呼び込み並み)
川西「オッケオッケエ~イ!!(超笑顔)」
チャンチャン!

民生「どしたの、飲んでるの?」
EBI「今日は飲んでないんだけどなぁ」

ここでのEBI氏の「オッケオッケ~イ!」が今日いちばん爆笑を巻き起こした気が。
個人的には、今日のサブタイトルにしてもいいんじゃないかというくらい笑った。
しかしせっかくの新ギャグ、この後本人から発せられることはなかった。
きっと忘れたに違いない。それが彼…

川西さんを呼んだところで、ブルースのヒップホップバージョン。続けてさらばビッチ
ラップの甲殻類はかっこいいんだけど、何を言っているのか聞き取れない。

HELLOR&R IS NO DEADオレンジジュースの流れは圧巻。
五人の魂からの音を生で感じられる幸せ。

車も電話もないけれどでは、途中でセットの大砲から空気砲が。
最後は、終わりの合図のためだけにフライングテッシー。着地の瞬間に音楽ストップ。

デジタルスープで本編終了。

--------------------------

アンコール、いきなりフライングテッシー登場。
てし「えーとね、このコーナーはテッシーが宙吊りになって弾き語りをするコーナーです」
言葉通り、オールウェイズを歌って、着地。他メンバーを一人ずつ呼び込む。

川西さん「テッシー、浜崎あゆみみたいだったよ!」
民生「テッシー、堂本光一みたいだったよ!」
EBI「テッシー、…マイケルジャクソンみたいだったよ!」

てし「アンコールには、この人を呼ばなければ。それでは、呼びたぁーと思います。」
民生「なんだよ『呼びたぁ』って!」
てし「え~、呼びたぁと思います(←あえて突き通した)八面六臂、阿部義晴!!」

スクリーン越しにプーさんのお面をつけた阿部アップ。怖い。
阿部「テッシー…八面じゃない、七面六臂だ!」プチ阿部ショースタート!
カメラを連れてステージに出てくる。

OTの近くに行き「Z」の叫びのチューニング。
阿部「あー、あー、ぜーーーー!ぜーーーーーっ!」
OTどんどん音を高くする。阿部それについていく。
阿部「ぜえーーーーーーーーーーーっっ!!!!」お面脱ぎ捨てる!
「オーケー!滋賀!カモオーーーン!!」SAMURAI 5スタート!

間奏のセリフ
阿部「俺達が海岸線を走っていた時…あいつが言った!」

川西「なんてった」
てし「なんてった」
EBI「なんてった」
民生「なんつって」

阿部「!!!」
   「なんつって…だと?あいつが言った、なんつって!って言ったのかwww」

阿部「お前が言ったんだ、大橋巨泉、なんてった?」
てし、クリア。(聞き取れず)

阿部「お前が言ったんだ、司馬遼太郎、やめた!みのもんた、やめた!タモリさん!」
民生「ユニコーンデス」
結構似ていたので阿部大笑い。

意味なく軽くツイストを踊っていたEBIに対し、
阿部「お前は踊りたいのか?よし、かかってこい!」
阿部、EBIのベースを置かせてまでしてツイスト対決!はじけすぎ!

阿部「さあ、EBI、なんてった?」
EBI「俺ってビッグゥーーーー!!!」
客席は爆笑だったんだけど、私はいまいち聞き取れなかったのと、意味が
分からなかった。残念!

阿部「川西幸一、お前はなんてった?」
川西「…(ドラム叩きながらしばし考え)オッケオッケエ~イ!!」
阿部「なんてった?」(まさかのダメ出し)
川西「…(ドラム止まる)…ゼエーーーーーーット!!」
(これでいいのか?なアホの子みたいな笑顔)

よお~し!とセンターに戻ってくるも、「あっ、ちょっと待って!」と客席に背中を向ける阿部。
「ぽよん。」と小さな声とともに持っていたステッキから花(という手品)。
モニターに映る阿部は真っ赤っかで、恥ずかしいんかいな!と何割かの客が思ったはず。
ちなみに、このときはお面は取ってますね。上のイラスト間違ってます。

そしてその花を持って自分の股間を下から上へなでながら、
阿部「あなたのスピード~?」
客「フウーーーーー!!」
阿部「アハハなんだそれは。あなたのスピード~?」
客「フウーーーーーー!!」
「やばくな~い?」と言ってほしかったのかも。しかし客の流れは止められず。
自らが「あなたのスピード、やばくな~い?」と叫んで曲再開。
新たなアンコール阿部ショー曲ですね。とてもいい雰囲気でアンコール1は終了。

改めてメンバーが出てきて裸の太陽。コーラスがとても素敵。あらためて沁みる。

最後はぶたぶたをBGMに、五人が旗を持って行進。
五人が並んで旗を振る前にOTは客席に旗を投げ込んでしまい、ひとり素手を振る。
それを見た阿部さんがOTに旗を渡す。
それを見た川西さんが阿部さんに旗を渡そうとするが断られ、阿部さんだけ素手。

最後はそれぞれが旗を客席に投げ入れ。
序盤から「たみおさーん」とかわいい声で声援を送っていた二階席にいた小学生の
女の子に見事にOTの旗が届き、観客も暖かい雰囲気に。
そしてメンバーが退場し、すべてが終わったのでした。

もうなんだか夢見心地とはこのことか、という感じでした…
ぐだぐだの(しかし笑える)MCと、引き込まれる曲とのギャップ。
終わった後にはとにかく楽しかった!と思わせてくれたプロのステージ。

ユニコーンさん、ありがとうございました!

そしてここまで読んでくれた方(いるのか?)ありがとうございました。

|

« 大阪にて | トップページ | 小ネタ集 »

コメント

途中、吹き出しながら全部読みましたよ!
きゃーhappy02楽しかったのですね。
よかったですね♪
ライブの醍醐味を、MCまできちんと拾ってて
(可愛い絵までついてて)
愛がバシバシ伝わってきます。
いいもん見ましたわホント。ありがとうございました。

投稿: うさこ | 2011年6月22日 (水) 13時34分

うさこさま。

長い長い駄文を最後まで読んでくれてありがとう。
ユニコーンのコンサートや曲を実際に知らないと
「一体、何のレポ?」と思うような内容だろうに。
すみませんほんと。

ハッスルしすぎた愛が伝わっていたなら幸いです。

投稿: Q | 2011年6月23日 (木) 10時46分

初めまして。

夜分に失礼します(^。^;)
たまたま見つけて拝読させていただきました。

とても詳しく面白くまとめてあり、最後まで楽しく読ませてもらいました。
こんな風に書いて下さる方のお陰で行けなかったライブに行った気にならせてもらえます。

本当にありがたい事だと感謝感激しております。
またちょくちょくお邪魔させていただきます(^O^)

投稿: ひつじ | 2012年7月26日 (木) 01時33分

ひつじさま。

こちらこそ初めまして、コメントありがとうございます。

一年以上前の記事なので久しぶりに読み返したら、自分の記事なのに疲れてしまいました。
こんな長文にもかかわらず読んで下さりありがとうございます!

ライブの中のグダグダしたMC部分がツボなので、自分が忘れないためにも書いたのでした。
楽しんでいただけたら嬉しいです。
私もめったにライブに行けない身なので、詳しいレポがあるととてもありがたく思っています。

普段はプライベート全開のへっぽこブログなのですが、たま~にユニコーンについても書いているので、またいらしてくださいね。

投稿: Q(お返事) | 2012年7月27日 (金) 21時47分

アメブロでひとでなしハッチというブログ書いてる、
みゆ40です。


今は東京に住んでるんですけど、この日は滋賀の湖南市に住んでて
すごーーーく、行きたかったけど、子供がまだ生まれて間もなかったんで、泣く泣く諦めていました。

すごい、細かいレポですね!

MCすごい!

記憶力のフル稼働力の凄さに驚きました。

時を超えて、あの日の夜のことが知れて嬉しかったです!

ありがとうございました!

投稿: みゆ40 | 2014年7月14日 (月) 10時07分

みゆ40さま。

コメントありがとうございます。
三年前の記事を見つけてくださって!

今は東京都のことですが、滋賀にお住まいだったんですね!びわこホール、また来てほしいです。メンバーも絶賛だったし。

自分のためにも記録しているという感じです。
自分で改めて読んでも、こんなことがあったのかと忘れてますから…
気合で記憶しましたよ。


長文読んでいただきありがとうございました!

投稿: Q(お返事) | 2014年7月15日 (火) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪にて | トップページ | 小ネタ集 »