« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年8月 4日 (土)

アイスショー初体験

7月29日(日)、友人が取ってくれたチケットで、娘と一緒に「THE ICE 2012」(大阪公演、千秋楽)を見に行ってきました!

アイスショーを見ることができるとは、しかもファンである小塚選手の滑りを生で見る機会が来ようとは、夢にも思ってなかったので私は内心興奮しまくりでした。

移動だけで疲れ果てた娘は、席に着くなり前半は全て爆睡。
後半起きてからはショーを楽しんでいたようでした。

個人のプログラムだけではなく、企画として女性群舞や男性群舞、さらにダンス選手権やトークショーなど盛りだくさんで、長時間でも退屈しませんでした。

感想その1

The_ice1
浅田真央ちゃんは大トリだったのですが、さすがのオーラでした。
衣装がとてもかわいい!好みです。絵には描いていませんがプログラムの前半は小道具として傘を使っていて、傘を持ったままアクセルジャンプをこなしていました。

そしてフィナーレにて、真央ちゃんとペアプログラムをしっとり踊ったバトル氏。
ダンスでは体もキレキレ、笑顔が素敵な王子様的お兄さん、な感じでしたが、なぜか最終的に男性陣の水かけの標的になっていました。

毎年誰かが水かけの餌食となり、みんなから主にペットボトルの水をかけられるのですが、今回水かけがヒートアップ。
楽屋裏に引っ込んだ羽生結弦くんが持ってきたのは製氷用の大きなジョウロ。
バトルは頭から水をかぶってビッショビショになっていました。

感想その2

The_ice2
今回楽しみにしていた小塚崇彦くん、個人のプログラムは「サウンド・オブ・サイレンス」で、照明を効果的に使った不思議な雰囲気のあるものでした。
やはり、風を感じるプログラムが似合うなあ、と思いました。

そして、フィナーレでのアボット選手とのコラボプログラムがとても良かった!
二人とも、スケートやステップがすごいので堪能しました。
絵のとおり、フィニッシュポーズで小塚君がアボットに飛びついて抱きついていて可愛かったです!
公式動画を見るとフィニッシュポーズが違うことから、今回だけのアドリブだったのかも?
とにかく「スケート楽しい!」という空気が伝わってきました。

感想その3

The_ice3
ダンス選手権の企画では、この日までに行われた試合で勝ち残った二人の決勝戦が行われました。
昨年の優勝者、高橋成美ちゃんと、アイスダンスのベテラン、メリル・デイビス選手の対決。
「動けばいいのか?」という成美ちゃんのはっちゃけダンスに対抗し、それ以上にはっちゃけて、さらにセクシー!なメリル。
「メリルって、こんな人だったんですね」というDJのコメントに笑いました。
結果は、メリルの優勝!

その他印象的だった出来事は、絵にも描いたトークショーでの浅田舞ちゃんの失敗事件。

トークショーはゲストが日替わりで、この日は幸運にも小塚くん、フェルナンデス選手、アボット選手の三人でした。
司会進行は浅田舞ちゃん。

ひととおりトークした後、最後にそれぞれからファンの方々にコメントを、ということになり、最初に小塚君、次にフェルナンデス君がコメントし、次がアボット…というところで、「それではトークショーを終わらせていただこうと思います…」と〆出した舞ちゃん!

客席の「えーー!?」の声にもはじめ気づかず、少ししてからミスに気づいて「あーー!!」とあせる舞ちゃん。その後ひたすら「ソーリー、アイムソーリー」とアボットに謝りまくっていました。
小塚君は、ミスになかなか気づかなかった舞ちゃんに「ちょっと!」みたいな突っ込みを入れたり、すねて「バイバイ…」と帰ろうとするアボット(もちろん冗談です)を引きとめたりと、大忙しでした。
なんだかコントのようで、大いに笑わせてもらいました。

全体的にほのぼのした楽しいショーで、大満足でした。

終演後に友人と待ち合わせ、お茶をしてから帰宅しました。
貴重な経験をありがとう!

| | コメント (6)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »