2013年8月 8日 (木)

初歯抜け

Photo

先日、娘、初めての乳歯が抜けました。

ま、正確には抜きました。

幼稚園時代から、乳歯が抜ける友達を見て憧れを抱いていた娘。

歯磨きの時など、「ほら見て、グラグラしてきたんちゃう?」と見せに来るも、実際に触ってみて「ガチガチやないかい!」と返す、という漫才まがいのことを繰り返すこと数十回。

今年初夏あたりに、いよいよそのグラグラが現実のものとなると、そんなに憧れていたほど良いものではなかったようで。

食事の度に痛がってあまり食べられなくなり、そのうち乳歯の裏から永久歯が顔を出してきたので、思い切って歯医者に連れて行って抜いてもらいました。

初めての(歯医者での)麻酔にも関わらず、終始騒ぐこともなく処置を終えることができた娘でした。

抜歯してからは痛みもなく、また元気にご飯を食べられるようになりました。

初歯抜け…歯抜けの顔がまた夏にぴったりだな、と思うのは私だけでしょうか。

さらに(私のせいですけど)前髪を切り過ぎちゃって、短い前髪+歯抜けがこれまた似合うなと思うのは私だけでしょうか。なんか、すごい昭和感。

さて、夏休み中間報告。

前半は、子供会の遠足や花火大会、そして娘の病院やリハビリ、学校のプールなどなど、ちょこちょことしたお出かけが盛りだくさんでした。

それから、毎朝ラジオ体操に行かせるために叩き起こし(そして私もついていく)、宿題をさせるためにお尻を叩き、まあ大変です。(親が)

最近娘の病気の方の経過を書いていませんでしたね。

昨年十一月頃に完全に断薬してから半年以上、目立った発作は出ていません。

今回脳波を測定してもらいました。ざっくりした結果は「異常なし」。

ただ、深呼吸の際に脳波が乱れがち(発作は出ていない)なので、やはり発作を起こしやすい脳ではあるね、と言われました。だからと言って日常生活で特に気をつけることはないそうです。

学校では、主治医からプールの許可も出ているものの、発作経験があるということで、特に注意をして見てもらっていました。水泳帽にワンポイントを縫い付けて、見つけやすいようにしています。

さてさて、夏休み後半戦は…

明日から(もう今日ですね)私の実家に帰省します。まずは娘との二人旅。

娘はこの日を待ちに待っていたので、はしゃぎすぎないか心配。

毎年恒例、阿波踊りも見る予定。

それでは、行ってきま~す。

| | コメント (0)

2012年12月13日 (木)

6歳おめでとう

またもやご無沙汰してしまいました…

前回自分の誕生日ネタで、今度は娘の誕生日話です。
ということは二か月以上も経ったということですね。
しかも娘の誕生日は先週の話だというひどい母親…
(実はその間には相方の誕生日もあったのだが、それは絵日記にすら描かないという…)

6

さて、そんなこんなでブログを放置しているうちに、うちの娘っこ、12月6日に6歳になりました!

娘のリクエストにより恒例化した、プリキュアのバースデーケーキでお祝い。

この日を待ち望んではしゃいでいた割には、ハッピーバースデーの歌を歌われるときは両手で顔を覆って恥ずかしがっていました。注目されると恥ずかしいのね。

今年も、実家の両親や妹①からのプレゼントが届いて終始ほくほくの娘でした。

ちなみに、誕生日を迎えたら急に背が伸びるもんだと思っていたらしく、翌日「背が高くなってない!」と私に文句を言いに来ました。なんでやねん。

-----------------------------------------------

さて、久しぶりなので娘の成長具合を箇条書きにしてみたいと思います。
去年の記事を参考に…(→

・身長:109.6cm      ・体重:17.1kg
ちょっと小柄さん。これでも、夏以降ぐんと伸びました。

・基本は左利き。お箸と、はさみは右。あとは左。

・去年の記事でできていなくて、今年できるようになったもの…
  スキップ、手すりなしでの階段昇降、うんてい、縄跳び。

・補助輪なし自転車が乗れるようになった!(夏休み前)
 

・自分の背よりも高い鉄棒で逆上がりができる。
それなのに、走るのがすごく遅いので(運動能力にばらつきがある)、クラス対抗リレーの練習時には「娘ちゃんはまじめに走っていないのか?」とクラスメイトに思われたことがあったらしい。(担任の先生談)

・ひらがな、カタカナを読むのをマスター。
書くのも、ぼちぼち進んでいる。お友達同士で手紙のやり取りがあるので、楽しみながら文字を書けている様子。

・お友達と一緒に遊んだり、何かをするのが好き。
大体、にこにこぼんやりしているので、同じようなおっとりタイプの子が寄って来たり、しっかり者のお姉さんタイプの子が世話を焼いてくれたりする。なんかほっとけないタイプらしい。

・体調面での大きな変化!は、赤ちゃんの時、発病時からずっと飲んでいた抗てんかん薬(エクセグラン)を今年四月から少しずつ減量し、十一月には断薬できたことです。
薬なしの生活が、こんなに楽だとは!
実は、その後の脳波検査で少し心配な波が発見されたのですが、薬を復活させるほどもないらしくてまだ様子見です。
脳波検査は、三ヶ月ごとくらいで受けないといけないようです。
でも、今までは薬の調整で一ヶ月ごとの通院だったので、それに比べると楽!

-------------------------------------

来年は(なんと)小学校入学ということで、今年は親のための就学学習会に通ったり、学校に見学に行ったり各機関に相談したりで色々動いておりました。

親として一つの結論を出して、その希望を伝えてもらっているところです。また、就学先が決定したらいずれお話したいと思います。

他の子どもたちに比べると、娘が毎年年齢を重ねていくことが手放しで喜べない、もちろん成長が嬉しいことはありますが、その分不安なこともたくさんあるのです。

それでも、娘との愉快な生活を楽しんでいけたらと思います。

最後に、そんな娘の「例え」二連発。

お店でオレンジ色のサングラスを試着しての第一声。

Photo

そして、ドライブ中、雨が当たって流れる車の窓を見ながら一言。

Photo_2

お母さんは、その感性が好きよ。

| | コメント (7)

2010年9月16日 (木)

ただいま絶賛検査中の。

毎回、お久しぶりですやご無沙汰ですの挨拶になってしまいますね。

ご無沙汰してます。

娘の「の」の使い方を忘れないうちに。

No

娘は「の」の不思議な使い方をします。

ひとつは、「~なの。」というのを「~の。」と言います。
例えば「そうなの!」→「そうの!」
「へ~、ネコなの。」→「へ~、ネコの。」

なので、絵の中でのセリフ「ふうりんの?」は、
「ふうりんなの?」という意味。

響きが結構かわいらしいです。

もうひとつの使い方は、「形容詞+の+名詞」
になること。
例えば「きれい空」→「きれいの空」

よって、もうひとつのセリフは「かわいいおとね!」といいたいのだと思います。

いつまでこの使い方を続けるのか分からないので、覚え書き覚え書き。

今日のタイトルは、その娘流に言うところの
「ただいま絶賛検査中なの。」ということ。

ええ、七月後半から娘は診察やら検査ラッシュでした。

というのも、療育が終了した後も娘の発達で気になる点があり相談したところ、専門の機関に相談してみたら、とのアドバイスをいただいたのでした。
(今まで行っていた療育は集団生活に慣れるためのものが中心で、娘は幼稚園で生活できそうと判断されたのと、娘のような微妙な状態に適当なクラスが作れない、とのことで終了したのでした。)

気になるところはコミュニケーション能力の弱さと、操作性、運動面の弱さ。
それが年齢とともに成長してくれるのか、今の時点から何か適切なフォローが必要なのかを専門機関を受診して尋ねることになりました。

とういことで、受診に必要な資料として発達検査を行ったり、言語聴覚士の先生に相談したり、主治医に紹介状を書いてもらったり、色々と忙しくしていたのでした。

そして昨日、娘を連れて専門機関へ。予約してから四ヶ月の待ちでした。

結果、ST(言語聴覚療法)とOT(作業療法)を何回か行って(これが検査を兼ねている)様子を見て、そのまま終了して成長を見ていけばいいのか、継続的なフォローが必要なのかを判断していただくことになりました。

またしばらく忙しくなるかな。
ちなみに、この専門機関も車で往復三時間かかります。娘よ(そして私よ)お疲れ様。

娘は幼稚園でも頑張ってます。十月には運動会。はりきっております。

| | コメント (2)

2010年7月17日 (土)

ウェスト症候群 その3

娘の病気についてです。今回は絵付き。

Miteteya

前回の日記(→)から一年以上経ちました。

今回も、病気そのものではなく、主に娘の経過について記しておきたいと思います。

病名で検索して来られた方は、この「娘の病気」カテゴリの過去ログを見ていただければ、潜因性ウェスト症候群患者である娘の予後をたどることができます。

さて、娘、三歳七ヶ月。

ありがたいことに、その後も発作は出ていません。

薬は、エクセグラン散20%を一日550mg。

幸いなことに、娘にはこの薬の副作用がひどくないので、常に血中濃度が限界ギリギリの量を保つように調整しています。体重が増加すれば、それにあわせて薬も増量です。

エクセグランの副作用で娘に出ているものとしては、発汗抑制。
とにかく汗をかきません。かいても「じっとり」程度。
汗がかけないということは、体温がこもりがちになります。
この季節は熱中症になる危険性が高いので、幼稚園の先生にも注意してもらっています。
対策としては、とにかく水分をよく取らせることと、炎天下に長時間いさせない(でもこれは園にいる限り集団に合わせるので難しいですが)、そして水を入れたスプレーで、時々手足や顔や体に水をかけてあげることです。
多少は汗の代わりに体温を逃がしてやれるかなと。本人も涼しくて気持ちよさげです。

次に、成長の具合ですが。

現在、身長94.3センチ、体重13.6キロ。

成長曲線でいえば、真ん中少し下くらい。
身長体重曲線では、ど真ん中。つまり、太っても痩せてもいない。
かなり、「今の年齢での平均」的な体型だと思います。

運動面。

幼稚園に通い出して(片道徒歩20分)だいぶ伸びた部分もあると思います。
ただ、やはり同年齢の他の子に比べて足腰が不安定。
歩く、(それなりに)走る、少し片足立ち、ジャンプ。
階段は、手を離して昇ることができるように。下りはまだできません。

言葉。

一年前の記事で「二語文が少し」とあるのを見ると、かなり成長したんだな、と思います。
よくしゃべりますが、コミュニケーションはいまいち。
オウム返しが多いのが気になります。
例えば、「今日幼稚園でプール入った?」と聞くと、入ってなくても「入った」と答えたり。
私や園の先生、そしてテレビのセリフを口ずさむように繰り返ししゃべってることが多し。

5Wの質問は、最近になってやっと少し理解できてきたようです。
ちょっと前まで「なんで?どうして?」の質問には答えられませんでした。

昨日、娘がお風呂上りにおもむろに靴下を履いていて、「なんで靴下履いてるの?」と
聞いたら「寒いから」と答えてくれて、感動しました。

数字は1から10まで読めますが、数の概念はありません。
ひとつ、ふたつまでなら分かります。

文字はまだ読めません。
ただ、なぜか「ひらがな」と「アルファベット」の区別はつくようで、アルファベットのことは
「えいご」と呼んでいます。

排泄。

最近の大きな悩みのひとつ。
現在、まだオムツです。
正確に言うと、尿意を伝える、どころか、事後報告もできません。(大のほうも。)
なので、トレーニングパンツを履かせてもただ漏らすだけです。
おまるやトイレでの成功経験も全く無しです。
ちなみに、お風呂で出たこともありません。

パンツで濡れて気持ち悪いという経験をしたら進展があるのではないか…と
トレーニングパンツを園でも履いていますが、とにかく漏らしても先生に報告もなく、
しかも昼食後は三十分もたないくらい頻尿になるため、着替えている時間が
どうしてもクラスのみんなとの活動を中断してしまって本人にもよくないのではと
いうことになり、午前はパンツ、午後はオムツという体制にすることになりました。
毎日、濡れたパンツ(&ズボン)2~3枚+オムツ一枚程度持って帰っています。

食事の後や昼寝の後、おまるに座るものの出ず。
先日本人が「まだ」と粘り一時間近く座っていましたが出ずで、これが悔しかったのか
つらかったのか、今はトイレもおまるも座るのを泣いて嫌がるようになったので、
ますますトイレで排泄が遠い夢になってしまいました。

さて、どうしたものか…

園生活。

四月から幼稚園に入園し、どうなることかと思いましたがなんとか一学期を終えようとしています。
はじめはひとりで靴も履けなかったのが、今はだいぶスムーズに履けるようになりました。
先生によれば、ひとつひとつの作業には補助が必要ですが、園での一日の生活の流れは把握している模様。

まだ、友達と遊ぶことはできません。
自由遊びの時間はひとりで遊んでいるそうです。
一応、おとなしめの女の子達のグループにいるみたいですが、それはあくまで
「同じ場所にいる」というだけで、友達としてのやりとりはできないようです。

クラスのお友達の名前を口にすることがあり、集団を拒否するのではなく、
友達の存在は気にはなるけど、接し方が分からないといった感じです。
ちなみに、元気いっぱいの男の子は苦手みたい。

歌や踊りは大好きで、お遊戯にはちゃんと参加しているそうです。

目下の悩みはコミュニケーション能力です。
性格なのか、成長途中のものなのか、後遺症による障害が含まれているのか。
年齢的にも微妙でまだ分からないようです。

心配事はつきませんが、去年よりも前進しているという事実を励みに、
娘なりの成長を見守ることができたらいいなあといます。

| | コメント (8)

2010年4月 3日 (土)

こんな一週間

Konnaissyukan

歯医者通いが続いています。
ついに下の親知らずを抜くことになり、総合病院の口腔外科まで行ってきました。
いつものことながら、娘は診察の間おとなしく待っていてくれました。

発達検査に行ってきました。
本当は療育の卒業以前に済ませておくべきものでしたが、
体調やらスケジュールやらの都合で延期になっていたのでした。
先日涙のお別れ(私だけ)したばかりの場所に、さっそくまた来たという。

簡単な結果は…

現在、娘は三歳三ヶ月(もうすぐ四ヶ月)
運動発達面は二歳程度。一年以上遅れています。
あえて言い表すなら、軽度の運動発達遅延、とのこと。

精神発達面は三歳、もしくは三歳ちょっと前くらい程度。
四ヶ月ほどの遅れ。
検査をされた先生いわく、この年齢だとこの程度は遅れとはみなさず、
「個人差」の範疇に入るのでは、とのこと。

結果以外でも、私自身が不安になっていることなどを相談。
その後、療育でお世話になった先生方にも会って帰ってきました。

そしてまたまた歯医者。この日はお義母さんに娘を見てもらってひとりで診察へ。
こちらでは、上の親知らずを抜いてもらうことになりました。
今月は抜歯祭りだわ…

そしてそして。
やっとこさ重い重い腰を上げ、手作りしなければならない入園準備品に
取り掛かりました。
そもそも、入園準備品の詳細が分かったのは二月の下旬。
「手作りでも購入でもよい」ものは迷わず購入しました。
どうしても手作りしなければならないのは「着替え入れのリュック」で、
材料だけ買ったはいいが、放ったらかしだったのでした。

私、アホほど不器用ですが、その代わりアホほど集中力はあるのです。
夜なべして完成。でも、びっくりするほど不恰好です…
娘が喜んで背負ってくれたのが救いだわ。

そんなこんなの一週間でした。
来週は、抜歯、そして入園式!

| | コメント (0)

2010年2月 8日 (月)

おサボり明け三本立て

「更新を多くしたい」という年始の決意はどこへやらです。
すみません。

昨日、娘のお雛様を出しました。
今年は娘にも手伝ってもらいました。
完成してしばらく経ってふと見てみると、花嫁道具が置いてある段に、
なぜか(近くにあった)文房具が一緒に置いてありました。娘の仕業か…

あと、節分には豆まきはしませんでしたが一緒に家族そろって恵方巻を
いただきました。
献立考えなくていいから楽ですね。
もしかしたら、そういう主婦の考えが最近の恵方巻の広まりに関係してるかも?

そして、先日相方が浴室で転倒、本人は無傷でしたが風呂のドアが
壊れました。
なんだか知らないけど、車や家にことごとく傷をつけるのは相方ばかりであります。
そんな星のもとに生まれたのか?

さて。

①バラエティーの影響受けすぎ

Daijobui_2 ある日、お昼寝後に体温が38度超えした娘。
ただ、しばらくすると37度台前半、さらにその後は平熱に下がりました。
娘は体温がこもりやすいから、寝てる間に熱がこもったのかな?
鼻水、咳などの風邪の症状も出ていないため、お風呂に入れることに。

で、入る前に一応「大丈夫?」って聞いたら、
にやっと笑って「だいじょーブイ!」と、手の振り付きで答えられました。
「めちゃイケ」の色取り忍者ね…
一、二回しか見てないのに、よっぽど印象に残ったのかな…

ドリフなんて見せたら100%真似するだろうな。

すでに「アイーン」は娘の十八番ですけど。

②久しぶりの脳波

Nouhashippai

先日の娘の診察は、本当に久しぶりの脳波。

イラストで、娘の頭や手から出てるのは電極のコードです。
これまで、この電極を付ける作業から号泣していた娘ですが、今回説明をしながら付けていくと、理解したのか何も騒がず。成長しましたね。

で、睡眠時の脳波が欲しいので自然に寝て欲しいのですが(薬で寝かすと正常な脳波が取れないらしい)、技師さんが(落ち着くであろうと気を遣って)渡してくれたプーさんのぬいぐるみで娘は興奮してしまい、全く寝ることなく時間が来てしまったのでした。

最悪、後日脳波取り直し…?(病院は往復三時間です)などと思いぞっとしたのですが、その後の診察で主治医いわく、一応診断できる脳波は取れてるとのこと。

その結果、異常なしということでした。
ああよかった…
脳波検査の時はいつも緊張します。

久しぶりに身長、体重も測定しました。

90.1センチ、13.1キロ。

③男ってやつは。

Nadenade

先日の療育の帰り。
先生と私と娘で靴箱まで行くと、別のクラスの、娘より一歳年上の男の子が。
彼はふざけてなかなか靴を履かず、担当の先生方やお母さんが困っている様子。

ところが、娘が近づいて男の子の視界に入った途端、急に娘を意識し出してもじもじする彼。
ここぞとばかりに、先生が「○○くん、△△ちゃん(娘の名前)が見てるよ、ちゃんと靴を履けるかっこいいところ見せなきゃ!」とあおり出しました。

男の子は、さっきのおふざけは何だったんだというくらいにきびきびと靴を履き替え、おもむろに娘の前に立ちはだかりました。

「何かするのかしら…」と思ったら、えへっと笑って娘の頭をなでなで。
そして、ダッシュで外に飛び出していきました。
当の本人、呆気に取られてポカンとした顔してました。

「○○くん、かわいい女の子が好きなんよ」と先生。
娘は長女だけど、根っからの妹キャラな気がします。

それにしても、男の子はいつだって女の子が気になるのね。

以上、絵日記三本立てでした。
やっぱり溜め込むもんじゃないですね。

| | コメント (4)

2009年6月28日 (日)

ウェスト症候群 その2

というわけで、今日は絵なし日記です。

娘の病気について書いた前回の日記(こちら→)から一年以上経ちました。
先週の木曜日に二歳半健診を、金曜日に主治医の定期健診をそれぞれ受けてきたので、今回は病気そのもののことよりも、主に娘の経過について書こうと思います。

娘、現在二歳六ヶ月。五ヶ月時にウェストを発症しその後薬で発作が消失してから
現在まで、再発はしていません。
薬はずっと同じ、エクセグランのみ。一日450mg。
ちなみに相変わらず副作用で汗をかけず、体温がこもりがちです。
夏はできるだけ暑い時間には外に長時間出ないようにしています。

身長85センチ、体重11.5キロ。
この半年で身長は5センチ、体重は2キロ強増加し、これまで成長曲線の下ぎりぎり
だったのがいきなり真ん中ぐらいに移動しました。

運動面。
一歳十ヶ月で初めてひとり歩きができました。
現在、まだ走れませんがジャンプ、一瞬の片足立ち、あとずさりはできます。
まだまだ足腰は不安定ですが、歩き出して八ヶ月くらいならそんなものだと
いうことです。
足腰に関しては、ちょうど一歳下の子と同じくらいの成長具合かなと感じています。

言葉。
少しだけ二語文が出ています。「お茶、欲しい」とか「パパ、来た」とか。
ただ、状況をただ伝えるだけ、もしくは決まりきったフレーズを言ってることが多くて
いまいちコミュニケーションができていない感じです。
よく「これ、これ!」と要求することが多く、それが「どれ」なのか、「どうしてほしい」のか
伝えることができないのです。唯一言えるのが「お茶欲しい」だけだという。

その他。
何か適当に歌を歌ったり(宇宙語)、踊ったりするのは好き。
療育でやってる遊びを家でするときは、先生役として遊ぶのが好き。
その場合生徒役はぬいぐるみで、このほかにもぬいぐるみ相手にごっこ遊びっぽい
こともしている模様。

食事は、スプーン、フォークを使って食べますが、自分で食べられるのは半分くらい。
コップ、ストローは普通に使えます。

オムツは、全く取れていません。事前報告はもちろん、事後報告もなしです。
おまるにはスムーズに座りますが、いまだに出たことがないです。

二歳半健診と主治医の健診ではともに、運動面は確かに少し遅れがあるものの、
知能面は目立って心配するほどは遅れていないのでは…ということです。
しかしこれは、今後の伸びにかかってますから、どうとも言えないです。

正直、同い年の子や年下の子がすごくおしゃべりしている様子を見ると、
ちょっと「ありゃ~…」と思っちゃいます。しょうがないんですけど。

とりとめなく書いてしまいしたが、娘の現状はこんな感じです。

二年前の今日は、まだ入院してました。
五月下旬から七月上旬まで、合わせて一ヵ月半ほど入院していました。
母子入院で、私も一日中病室で娘に付きっきり。ベビーベッドに一緒に
寝ていました。足が伸ばせなかったな。
当時社宅に住んでいたけど、相方は近所の実家で生活することにして、ほぼ毎日
病院に来てくれました。初めの病院はまだ近かったけど、転院した(現在も通っている)
病院は下道だと往復三時間、高速使っても往復二時間かかるのに。
お義母さんは、働きながらも病院に届ける食事を作ってくれたり
(親の食事は自己負担)、私達の衣類の洗濯もしてくれました。
徳島の両親もお見舞いに来てくれました。

いろいろ思い出す入院生活ですが、あれで家族、親族が一体になれた気がします。

そういえば、病気についてのいろいろをネットを駆使して調べまくった私ですが、
相方はといえば、全く病気についての知識を外部から取り入れようとはしていません。
私が伝える内容が全てです。
最近相方から聞いたのですが、娘が病気だという現実を受け入れたくなくて、
どうしても自分から調べたりできないのだそうです。

お義父さんも、「この子が病気だとは思ってない、思いたくない」そうで、
なんとなくですけど、女性の方が現実を見てガツガツ進むことができて、男性はその逆、
みたいな傾向にあるのかなと思いました。

長くなってしまいました。
これからの娘の様子はまたぼちぼちとブログに描いていきますので、またよろしく
お願いします。

最後に思い出した出来事ひとつ。
こないだの診察では久しぶりの採血がありました。
親は立ち会えないのでドアの外で待ってるのですが、いつものように娘が叫び泣く声が。
先生が二人がかりであやしながら作業していて、「ちょっと痛いけどすぐ終わるよ、
大丈夫だよ、何歳かな?」と年齢を聞かれて、娘は号泣してるのに、泣きながら
「ええん、さ、さ、三歳ぃ~!」と嘘をついていました。

最近「おかあさんといっしょ」の影響で(歯磨きなどのコーナーで出てくる子が
「三歳です」と言うから)、真似して「三歳です」って言っちゃうのです。

泣きながら必死に言ったくせに嘘の年齢って!と、相方と二人で笑ってしまいました。

| | コメント (8)

2009年1月29日 (木)

渾身のハイ

Shinsatsu 昨日は毎月恒例の娘の診察日でした。

主治医の顔を見ただけで、もう泣く泣く。
診察のために脱がしていた服を相方に着せてもらっている間に、私は先生の話を聞くのですが、なかなか泣き止まない娘。

「もう怖いの終わったんだよ。」
「分かってるけど泣くのが止まらないの?」
など話しかけると、ヒックヒックしゃくりあげながら必死に「ハイ。」とお返事していました。

そう、最近何かたずねると、「ハイ」とお返事するのです。
(「ハイ」と思わないことには無言です。)

診察室を出ると、案の定ケロッとしてました。

今日は口頭だけで簡単に発達の具合を見てもらったのですが、先生いわくバラつきがあるらしいです。
一歳半に満たないぐらいのところもあれば、二歳相当にできていることもあるらしく、甘めに見て、平均すると一歳九ヶ月くらいですって(娘、現在二歳一ヶ月)。
発達のバラつきは、生活環境によるものも大きいみたいです。例えば、兄弟の有無でかなり違うらしい。
ともあれ、娘なりに前進してるのが分かってよかったです。

| | コメント (2)

2008年9月18日 (木)

手続き

Momikutya 今日は朝から、娘の療育のための手続きをしに役場まで行ってきました。

役場の管轄の地域から、私達と同じく手続きに来たのは数名。うち、実際に療育に行く本人を連れてきていたのは私達ともう一組の親子だけでした。他の子は、(保育園や幼稚園に行っているなどで)保護者のみでした。
今回は申し込みが多かったらしく、何人かは審査で落とされたらしいです。

手続きは滞りなくあっという間に終了。あとは十月一日の入所式を待つだけ。

療育でほかの子とのふれあいが増えて刺激を受けてくれたらいいな。

ふれあいといえば…引っ越してから近所に子供達が多いのです。しかも幼稚園~小学生の女の子が圧倒的に多いため、娘を見つけるなりアイドル並に取り囲んで相手してくれます。
なんでか、みんなほっぺをいじくり倒すのよね~。本人は呆気に取られてます。
これもまた、いろんな意味で刺激を受けてると思います。

| | コメント (2)

2008年7月11日 (金)

まさかの展開?

Syogekijijitu 今日は、娘の診察の日でした~。

まず脳波検査があり、いつにも増して暴れ泣く娘にてこずり、延長戦に。最終的になんとかなり、そのあと診察。脳波は異常無しのようでした。そして、発達の件。

先日の発達検査の結果を見てもらいました。運動発達の遅れが目立つので、療育とは別に運動機能のリハビリが必要かどうか聞いたところ、必要ないのでは、とのこと。理学療法ではなくて、療育で体を動かす遊びを通じて刺激を受けて、運動機能の発達を促した方がいいという理由でした。これには私も納得。

その際、ふいに主治医が「ところで、お父さんお母さん自身は発達どうでした?」と。

娘の病気は、影響が出るなら知的障害の方で、知的、運動ともに遅れる場合はあっても娘のように知的には遅れが少ないのに運動面だけ遅れている場合ということはほぼないのだそうです。なので、運動面の遅れは病気の影響とは考えにくい、とのこと。よって、考えられるのは「運動面の遅れは、病気というよりは両親どちらかの影響が強いかも」ということでした。

相方はいたって平均的な発達だったようです。
私は…母親だけではなく周りも心配するほど発達が遅かったようで。これは昔から語り草だったのです。しかも、今の娘と同じく、理解度は年齢相応なのに、ことばと運動面が極端に遅かったようです。これを聞いて主治医が、「遺伝が大きいかもよ…その場合、やっぱりリハビリは必要なくて、見守ることが一番です。ハイハイできたら必ず歩けるし」とおっしゃいました。

じゃあ何、もしかしたら娘の発達の遅れって、病気じゃなくて、原因は、

あ、あたす…?

思わずなまってしまうほどびっくりしました。なんか、いいことなんだか悪いことなんだか。
次の診察までに、私自身の発達の経過の記録を持ってくるように言われました。母に聞かねば…

そんな、まさかの展開になった診察日でした。今日はよく寝れそう…

| | コメント (5)

より以前の記事一覧